自筆サイン制作Sign-Dashの店長blog

Youtube サインについて 生活

ありきたりな一瞬を、特別な時間に変えるには?

「つまらない・・・」そんな風に考えながら毎日を過ごしているとしたら、残念なことですね。

同じように日々を過ごすなら、少しでも快活に過ごしたいものです。

「つまらない」と感じるということは、良くも悪くも変化がなく単調だということです。すごく良いことがあったら当然のことですが、逆に悪いことがあっても「つまらない」などと感じる余裕はなくなります。何かの刺激・・・変化が必要なのです。

毎日を平穏に過ごせるというのは一つの幸せでありますが、変化があってこと初めて人間は「生きていること」を実感できます。

必ずしも大きな変化でなくても構いません。ちょっと人に注目したり、いつもと違ったことやってみたり、自分の心に潤いを与えるようなことをやってみると良いのです。

そんなことを言われても、思いつかない・・・・という方に、是非お勧めしたいのがプロがデザインした手書きサインを使い始めることです。

プロが設計したスマートなデザインのサインを書くだけで、ささっと記した走り書きのメモも、気持ちを伝える色紙への寄せ書きも、重厚な契約書への署名もいままでとはがらりと変わった雰囲気になります。日常が「変わる」瞬間を味わうことができるでしょう。

当サイトでは、在籍している全ての設計者がサンプルを提示し、お客様が設計者を選んでサインを作成してもらえるようになっています(スタンダードコース、セレクトコース)。ですから、あなたのフィーリングに合ったサインが手に入りやすいです。

是非、この機会に、一生役立つ手書きサインを手に入れませんか?

サインについて パスポートについて

船出からつまづいた、長い後悔の始まり!

初めてのパスポートというと、見本を見ながら申請書に記入をするのに精いっぱいという人が多いです。

出来上がったパスポートを受け取って、開いてみて初めて、「ああ、あそこに記入したサインがそのままここに印刷されてくるんだ・・・。もうちょっとカッコいいサインにしておけば良かったな」とちょっぴり後悔したりします。

このときは、ちょっと心がシクッとするぐらいなのですが、パスポートの有効期限は5年から10年です。ずっと長い長い後悔(?)が続くことになります。

パスポートのサインというのは海外では、様々なところで対照される重要なもので、日常使うサインもパスポートと同じものにしておいたほうが無難なことが多いです。だから、書くたびに、(ああ、もっとサッと書けるようなものにしておけば)と思うものです。また、心配性な人ならば、(真似されにくいタイプのにしておけば良かったな)と考えたりもします。海外業務ではハンコを使わずにサインで仕事を進めるものですが、このときも(もうちょっと見栄えのするサインにしておけば良かった・・・)と後悔の連続となります。

次のパスポート更新の日を首を長くして待ち続けるようなことにならないよう、最初の申請までにスマートなサインが書けるようになっておきましょう。

当サイトでは、サイン専門のプロのデザイナーが常時10人以上所属し1ています。注文時にサンプルをみて、気に入った作風のデザイナーを選んで注文することも可能です。また、漢字、ローマ字、ひらがな、カタカナの全てに対応可能ですから、デザイン性と安全性の高いサインを提供することができます。是非、一度、ゆっくりとサンプルをご覧になってみてください。

サインについて

恥ずかしいと思った気持ちを忘れずに行動に移しましょう!

自分が書いた名前を人に見られて、恥ずかしく思ったことがありませんか。

ただ、そういうのは、一瞬で過ぎ去ってしまうから、心に刺さらず行き去ってしまうことが多いと思います。

正確には、恥ずかしいと思っても簡単には直せないので、諦めているといったほうが良いのかもしれません。

しかし、あなたの心から恥ずかしさが消えていったとしても、あなたが名前を書いた書類は残り続けています。だから、あなたの恥ずかしさは「ずっと」続いているのです。

その人がどんな文字を書くかで、人は多くのことを判断します。その人が誠実な人か、社交的な人か、いい加減な人か、さらにはどんな家で育ったかまで推測しようとするのです。

「そうは言っても、字を上手に書くのは大変だよ」

まったくその通りです。しかし、幸いにも現代はコンピューター万能時代。書類として出される文字はコンピューターで印刷されたものだけです。だから、サインとなる部分だけしっかり書ければ、それで十分なのです。

スマートなサインが書けるだけで、ぐっと印象がよくなります。練習しない手はありませんね。

当サイトでは、あなたのお名前から、サイン専門のプロのデザイナーがオシャレでスマートなサインを仕上げます。サンプルをたくさん掲載していますので、是非一度いらしてみてください。

ビジネス 海外 社会 豆知識

憎いスリにキツイ一撃を食らわせてやれ!!

スリは怖いですね。満員電車や人混みの中では、つい財布をぎゅっと握ってしまう、そんな経験のある方が多いと思います。

経験を積むごとに、財布を守る意識は高くなるものですが、プロが本気で狙いを定めた場合には、一般人が財布を守り切るのは難しいだろうと思います。とくに複数のプロに狙われたりするとどうしようもないですね。一人がぶつかってきて、そちらに注意をうばわれたり、バランスを崩したりしている間に、スルッととられてしまう事例もあります。

しかし、そんなスリに対抗できる財布が開発されました。それがこの記事で紹介されている「Volterman」です。スリが財布を開いた途端にパチリっと写真をとってメールしてくれるという優れもの。さらにGPS機能もついているようです。

写真をとられたと気づいたスリは、「落ちているのを拾った・・・」とか言い訳をして警察に届けざるえないのではないでしょうか。

実際にはどうなることかわかりませんが、憎いスリに精神的な一撃を食らわせてやることだけはできそうです。

 

Youtube サインについて サインの作り方

2019年、今年からは万年筆。

2019年、今年からは万年筆を使う。そんな風に決めたきっかけは、管理職になることになったから。社会人になったから。或いは万年筆をプレゼントされたから。様々な想いがあると思います。

高級万年筆を使い始めると、何かが違う。そんな風に感じるものです。あなたもそうではありませんか。胸ポケットにさすだけで、ドキドキ、わくわくしたりもしますね。

こんな素敵な気分をずっと味わいたいと思いませんか?そうであるならば、プロのデザイナーがデザインした、サインを使い始めてみましょう。

当サイトでは、サイン専門のプロのデザイナーがあなたのお名前からスマートでおしゃれなサインをお作りします。高級万年筆からさらさらと書き出される、素敵なサインを想像してみてください。一生使い続けるつもりなら、カッコいいサインがいいですよね。書くたびに、大きな満足感と癒しが得られます。高級万年筆も、その価値が倍増するというものです。逆に、残念なサインしか書けないようであれば、せっかくの高級万年筆が100円ボールペンと変わらない扱いをされているということになります。是非、この機会に、ワンランク上の世界に入ってみましょう。

当サイトでは多数のデザイナーがサインのサンプルを掲載しています。セレクトコース、スタンダードコースではお好きなデザイナーを選んでサインの設計を依頼することができますから、気に入ったサインが手に入りやすくなっています。是非一度いらしてみてください。

« 次のページ