いざというときの手書きサイン

海外出張が長期となると、役職がワンランク以上上がり、現地で金額の大きな決済、重要な承認などをしなければならなくことが普通です。

日本以外の国は、ハンコを使わず、手書きサインで全ての手続きを進めます。

立派な契約書に、なんちゃってサインみたいなものでは恥ずかしいですね。ビジネスの相手と双方でサインすることも多いですから、相手と釣り合いのとれるぐらいのサインは必要となります。

当サイトでは、サンプルで判断して、設計者を選んでサインを作ってもらうことができますから、気に入ったサインができる可能性が非常に高いと言えます。

手書きサインは、事前に練習が必要です。

海外出張が決まったら、あるいは決まりそうになったら、是非、この機会に手書きサインをお作りください。

就職 手書きサイン イメージ
署名入りシャチハタ Myサイン透明シール 署名入りスケルトン名刺 署名入り名刺入れ