自分だけにわかる、目立たないマーク

「他人のものだとわかっても、私のものだとわかって欲しくない」

なんだか謎々みたいですね。自分の持ち物と他の人の持ち物が一緒に置かれるときってありますよね。代表的なのが傘。コップとかインスタントコーヒーの瓶とか、そういうものを共有の場所に置くこともあります。そうしたとき、そのまま自分の名前を書くと、自己主張が強すぎて嫌だなと思うことがあります。

そこで、手書きサインの登場。文字の大きく崩して、ぱっと見には名前が読み取れない状態のサインを使うのです。そうすると、他人からみると、誰かのものだということはわかるけれども、誰のものだとはわからないことになります。

手書きサインはそのものがデザインであるから、名前をそのまま書いたようなやぼったい感じもなくなります。

「他人のものだとわかっても、私のものだとわかって欲しくない・・・」

そう感じたことがあったら、是非手書きサインの作成を検討してみてください。

ひらがなサインの魅力 手書きサイン 自筆サイン 日本の伝統 古今和歌集
署名入りシャチハタ Myサイン透明シール 署名入りスケルトン名刺 署名入り名刺入れ