手書きサイン

証明書を発行する立場になるということは、あなたのサインが会社の顔になるということです。

証明書にふさわしいサインが書けないようだと、証明書の価値すら疑われることになりますから、大変です。組織の格にふさわしい、しっかりしたサインが書けるようにしておきたいものです。

組織によっては、あらかじめ印刷されたサインを用いる場合もあります。しかし、いかなる組織であっても例外的な処理や緊急的な処理で書類を発行することがあり、そのような場合には手書きでこなさなければなりません。

突然手書きでサインをすることになった時、残念なサインしかできないようでは、非常に恥ずかしい思いをすることになります。

技術的な証明書、医療行為に関する証明書、実験で必要な検査証明書、福祉等で必要とされる登録証明書、訓練や研修で要求される証明書、様々な証明書や登録書があります。

そうした重要な書類にサインをする可能性があるなら、是非、バランスのとれた組織の責任者として恥ずかしくないサインができるようにしておきましょう。

就職 手書きサイン イメージ
署名入りシャチハタ Myサイン透明シール 署名入りスケルトン名刺 署名入り名刺入れ