リーダー向けサインの書き方

「いつまでも使われてばかりでいたくない。もっと大きな仕事がしたい」

人を管理する立場になるつもりなら、早めにしっかりしたサインを作っておきましょう。

リーダー、マネージャー、チーフ。責任ある立場につくと、処理しなければならないサインがぐっと増えます。楷書でのたりのたりとサインをしていたら、いくら残業をしても時間が足りなくなります。

また、雑なサインだと、書くたびに恥ずかしいなという気持ちになります。部下に対して高圧的である必要はありませんが、気後れが表にでるようでは問題ですね。逆に、しっかりしたサイン一つで、あなたが管理者であることをしっかりと意識させることも可能になります。

古代から、組織を運営していくのに最も重視されるものの一つに文書管理があります。大きな組織ほど、文書による管理が大切となります。その文書管理と基礎となるのが、文字であり、書類の本人確認に用いられる手書きのサインです。このことをしっかりと意識できていれば、お粗末なサインがどれほど罪なものかがわかります。

責任ある立場に自らを置くつもりであるなら、バランスのとれたスマートなサインを書けるようにしておきましょう。

当サイトのセレクトコース、ビデオコースでは、サンプルを見て気に入った作風のデザイナーにサインの設計を依頼することができますから、気に入って長く使えるサインが手に入りやすくなっています。一生使えるものになりますから、決して無駄になりません。是非、この機会に当サイトのデザイナーが設計したサインのサンプルをご覧になってみてください。

メッセージカード 年賀状 クリスマスカード 手書きサイン 署名
署名入りシャチハタ Myサイン透明シール 署名入りスケルトン名刺 署名入り名刺入れ