海外赴任用手書きサイン

社会人になる前にと、様々な資格をとったり、事前勉強をしたりする方は多いと思います。さて、サインの準備はされていますか?

社会人になると、様々な局面で署名をすることが求められます。組織は書類の流れで成り立っているといっても過言ではありません。その書類の責任の所在を明確にするのがサインです。

就職してから、署名をするようになって、急に格好の良いものを・・・と思って署名のやり方を変えたりしていると「何をやっているんだ!」と叱られかねません。

署名は、いつも同じものをきちんと書けることが基本だからです。

だから、一度残念な署名で仕事を始めてしまうと、ずっとそれを使うはめになり、さらに海外赴任で作るパスポートや支払用のクレジットカードまでその署名ということになり、ずっと後悔することになります。

そして、それを使用している間、ずっと雑な署名をする人というイメージがつきまとうことになります。最初が肝心ですね。

人は手書きの文字から、その人が責任感のある人であるか、社交性はどうか、センスがある人か、様々な判断を下します。現在は、ほとんどの書類がコンピュータで印刷された文字となっていますから、手書きの署名だけが判断の基準となりがちです。だから、きちんとした署名ができるかどうかは過去よりもずっと重要になっています。

当サイトのセレクトコース、ビデオコースでは、サンプルを見て気に入った作風を持つデザイナーに署名の設計を依頼することができます。だから、気に入って長く使える署名が手に入りやすくなっています。是非、早めのご検討をなさって、同僚の一歩先を行ってください。

ひらがなサインの魅力 手書きサイン 自筆サイン 日本の伝統 古今和歌集
署名入りシャチハタ Myサイン透明シール 署名入りスケルトン名刺 署名入り名刺入れ