プレゼントに最適、手書きサイン

なんだかんだ言っても、今も世界は消費社会です。

単品大量生産の時代こそ終わりましたが、少量少品種と多様化が進むにつれ、設計のお仕事はむしろ増加しました。金型、成形品の設計などをご職業にしているも多いと思います。

さて、図面、設計図の承認や審査に使うサイン。非常に重要です。サインぐらい・・・と雑なサインをしていると、仕事まで雑だと思われてしまいます。

同じ仕事をしているのにサインが雑なだけで、いい加減な仕事だと思われてしまうのは損ですね。承認や審査のサインであっても、しっかりしたサインとそうでないのとでは他の人に与える印象がまるで違います。

一度したサインはずっと図面とともにずっと残ります。同僚たちにだけでなく、会社の上層部やお客様先に渡ることもあります。雑なサインはその度に悪い印象を残して回ることになり、スマートなサインは良い印象を残すことになります。これがずっと繰り返されるのです。

一年間に幾度の手書きサインをするのでしょうか。そのサインの積み重ねが周囲や上層部、お客様が受けるあなたの印象となります。

電子化されている場合であっても味気ないフォントよりも、手書きのサインを張り込んだほうがはるかに良いイメージとなります。仕事に誇りと自信をもっているんだという気持ちを見る人に伝えることになります。

当サイトのセレクトコース、ビデオコースでは、サンプルを見て、気に入った作風をもつ設計家にサインを依頼することができます。この機会に是非、素敵な手書きサインを手に入れてください。

ひらがなサインの魅力 手書きサイン 自筆サイン 日本の伝統 古今和歌集
署名入りシャチハタ Myサイン透明シール 署名入りスケルトン名刺 署名入り名刺入れ