手書きサイン

技術で勝負というご職業だと、書類の見栄えといった面までなかなか気がまわらず軽視しがちです。

しかし、誰もが技術面だけを見ているわけではありません。逆に、技術がわからない人は、その他の部分で判断するしかないとも言えます。

特に上層部の目にとまった時、図面、設計図の承認や審査に記すサインが雑だと、仕事のクオリティまで低いと思われかねません。

結果として、同じ仕事、いやはるかに素晴らしい仕事をしているのになぜか評価が低いということも起こりかねません。

一度したサインはずっと図面とともに残ります。同僚たちにだけでなく、会社の上層部やお客様先に渡ることもあります。いい加減なサインはその度に悪い印象を残して回ることになり、スマートなサインは良い印象を残すことになります。これがずっと繰り返されるのですから影響は無限大です。

一年間に幾度の手書きサインをするのでしょうか。そのサインの積み重ねが周囲や上層部、お客様が受けるあなたの印象となります。

仕事にふさわしい、きちんとしたサインが書けるようになっておきましょう。

署名入りシャチハタ Myサイン透明シール 署名入りスケルトン名刺 署名入り名刺入れ