自筆署名

優秀なビジネスマンは、身だしなみやステーショナリーにまで気を遣うといわれます。それは結局、自分のどこまで気持ちがいきわたっているか、相手の目線をどこまで読み取れるかということなのでしょう。

身だしなみやステーショナリーに気を遣うようになったら、サインもスマートなものにしてみましょう。スーツの着こなしや、ステーショナリーの選定眼でその人のビジネスへの姿勢をうかがい知ることができますが、サインが雑なものだと全てが台無しです。お客様とやりとりする重要な書類が雑な(雑にしかみえない)サインではその取引への敬意さえ疑われてしまいます。

素敵なサインが書けるということは、その人がそれだけ時間を費やして習得したことを示します。それが自分の仕事のクオリティへのプライドとそのビジネスへの敬意となって評価されます。

サインは書けばかくほど、その人のものになり、しっくりきます。長く使えば使うほど、似合っているものとなります。余裕があるのであれば、早めに習得するようにしておきましょう。

ひらがなサインの魅力 手書きサイン 自筆サイン 日本の伝統 古今和歌集
署名入りシャチハタ Myサイン透明シール 署名入りスケルトン名刺 署名入り名刺入れ