疲労に負けない、手書きサイン

「課長の机はいつも書類で山積みですね」。他人事のように言っていた頃が懐かしい。

いざ自分が役職についてみると、書類を処理していくことがどれほど大変か、身に沁みます。

管理職のところには毎日のようにたくさんの書類が集まります。業務上の決済、出張承認書、支払い関係の書類、契約書、インボイスなどなど。管理職は、組織を形成する大動脈の中継点ともいえるものですから、当然といえば、当然ですね。

秦帝国など、中国で早くから巨大な国家の運営が可能になったのも書類で行政を進める体制が整ったからです。昔から行政の運営にサイン・署名は欠かせないものでした。

名前の画数が多いと、これらの書類の処理にサインするのも一苦労です。ハンコで済ませれば良いのですが、会社の規則で許されない場合があります。画数が少ない人はハンコよりサインのほうが楽だったりしますから、賛同してくれる人を見つけるのも大変です。
海外ではハンコなどなく、すべての書類がサインで処理されますから、サインをもって承認を進める会社はこれからも増えていくに違いありません。

こんな状況ですから、管理職の誰もが、手や腕の疲れを我慢しながらサインし続けるしかありません。

手や腕の疲れで済んでいるうちはまだしも、肩、首、頭の痛みへと変わってくると、耐え難いものになります。漢字を簡単に崩せればよいのですが、画数の多い漢字ほど、崩すのが難しいものです。

当サイトでは、サイン設計の専門家が、書きやすく、スマートで、画数の少ないサインを設計します。複数のサイン設計家がデザインしますから、お気に入りのサインが見つかりやすいです。

名前の画数でお悩みの方、是非、一度当サイトの手書きサインをご検討になってみてください。

署名入りシャチハタ Myサイン透明シール 署名入りスケルトン名刺 署名入り名刺入れ