魅惑のひらがなサイン

「ひらがな」は、平安時代初期に漢字を簡略化して作られたものです。当時は主に女性が使っていたと言われますから、「ひらがな」が表現する柔らかさにも納得がいきます。ひと昔前は、海外で使うサインは「漢字」が良いと言われていました。欧米人には真似しにくいからです。しかし、大勢のアジア人が欧米に移り住むにつれて、「漢字」だから真似しにくいとは言えない状況になってきています。代わって、「ひらがな」サインの安全性が評価されるようになってきています。「ひらがな」だけは、日本固有の文字であり、欧米はもとよりアジア人であっても真似することが容易ではないからです。また、「ひらがな」は外国人の興味を強くそそるものらしく、「和風」日本をアピールするのにもってこいです。お土産などに、名前やお店の名前を「ひらがな」サインで記してあげるときっと喜ばれるでしょう。安全性と文化を兼ね備えた「ひらがな」サインをマスターして、「和のこころ」を海外に伝えてみませんか?