和風ひらがな手書きサイン

ある日突然責任をもたされるということがよくあります。

そうすると、書類にサインをする回数が急激に増えます。画数が少ない名前ならば良いですが、多いものだとサインをするのも一苦労ですね。

サインをする時間も、仕事が終わって残業になってからだったり、疲労でクタクタになっているときが多いものです。ついつい雑なサインになってしまいますが、そんなことを続けていると仕事に対する姿勢すら疑われてしまいます。一生懸命にやった結果の評価がそんなことになっては残念至極です。

また、肩や首に負担をかけ続けていると、肩こりや腱鞘炎になったり、さらには頭痛までもたらします。もとの原因が手から来ていると、薬で症状を弱めることはできても、苦痛から完全に逃れることは非常に困難になります。少しでも手を休ませてあげたいものですね。

さらに、カッコ良いサインというのは心に残ります。同じ文章を書いても、最後のサインがぴっしっと決まっているか、そうでないかで印象が全然違ってきます。サインをもらうほうにしても、素敵なサインで決めてもらえば嬉しいものです。上司が受け取った場合でも、心を込めて書いたものかそうでないかの判断材料の一つにされることでしょう。

サインは長期に渡って使うものですから、自分が気に入ったものである必要があります。でも、設計家には各々自分の作風というものがあり、いくらお客様の要望に合わせようとしても限界があります。絵などのように、ゴッホ、ピカソなどの有名な画家がいれば、誰々風にというのも可能ですが、サインではそういうのは困難です。だから、気に入ったサインを手に入れる一番の近道は設計家が書いたサンプルを見て、好みのサインを書いている設計家にサインを作ってもらうことです。

当サイトには業界一多くのサイン設計家が所属していますから、あなたの好みに合うサインを作れる設計家に出会える可能性が非常に髙いと言えます。

是非一度、お越しなってたくさんの設計家が書いたサンプルをご覧になってみてください。

メッセージカード 年賀状 クリスマスカード 手書きサイン 署名
署名入りシャチハタ Myサイン透明シール 署名入りスケルトン名刺 署名入り名刺入れ