万葉集の時代から、ひらがな手書きサイン

ひらがなのルーツは、万葉集に遡ります。中国から伝わった漢字を簡略化した文字が万葉集に多用され、「万葉仮名」と呼ばれました。それが後に、ひらがなとカタカナとして発展していきました。ひらがなは古今和歌集や土佐日記など著名な書籍に使われています。

ひらがなというと、子供っぽいというイメージがありますが、実は日本の伝統と表現した重みある文字なんですね。

日本独自の文字で、曲線を主体としているため、外国人には真似しにくく、犯罪防止効果が非常に高いと言われています。

渡航予定のある方、海外との取引でサインを多用される方は、是非ひらがなサインをご検討になってみてください。

ひらがなサインの魅力 手書きサイン 自筆サイン 日本の伝統 古今和歌集
署名入りシャチハタ Myサイン透明シール 署名入りスケルトン名刺 署名入り名刺入れ