サインの書き方、作り方

Youtube サインについて サインの書き方、作り方

「フゥ、ハー!」永遠の呪いかと思われた、この苦しみからの解放。

テスト、申し込み用紙、登録書、アンケート、とにかく名前を書かなければならない作業が嫌い。他人には決してわからない、名前の画数が多いことの悩み。

本人にしてみると、深刻な話だが、他人からは鼻で笑われてしまう、大いなる矛盾。決して大げさではないのだ。

名前の画数が少ない人にとっては何でもないこと。さらっと書けば終わり。それこそ、ペンを一振りしただけのようにさえ見える。

しかし、画数が多い名前をもつと、一筆一筆が地獄の責め苦となる。丁寧に書けばかくほど遅くなり、雑に書いても大して速くは書けない。

あらかじめ書いておけるものであれば良いが、正面で人に待たれていたり、後ろに行列ができているときは最悪である。

そんな画数が多い名前を持つ方に朗報です。サイン専門のプロのデザイナーがあなたのお名前から、画数をぐっと減らしたバランスのとれたサインをお作りします。

これで名前に関わるトラブルを、ゼロとは言わないまでも、半減できるはずです。

サンプルもたくさん用意していますので、是非、一度ご覧になってみてください。

サインについて サインの書き方、作り方

ずっと使うパスポート、後悔し続けないためにできること!

海外へいくと、様々な場面でサインが必要になります。ホテルやSPA,レストランでの支払い、施設でのショッピングなどです。そんなとき、友達や恋人が格好良く、さらさらとおしゃれなサインを書いている横で、自信なげに力なくサインをするのは、なんとも情けないものです。いかにも慣れてないという印象を与えますね。せっかくの、癒しの時間ですから、何でも気持ちよく進めて、楽しく過ごしたいものです。

こうした海外で使用するサインの基本は、パスポートに登録したものとなります。パスポートは一旦取得すると、青色パスポートで5年、赤色パスポートで10年という長期にわたって使用することになり、その間サインの変更はできません。だから、残念なサインで登録すると、ずっと気分の悪い思いをすることになるのです。いざ海外というときに、不安な気持ちにならないよう、いつでもスマートなサインが書けるようになっておきましょう。

当サイトでは、プロのサイン専門のデザイナーがあなたのお名前を素敵なサインに仕上げます。サンプルを多数掲載してありますので是非ご覧になってみてください。

 

 

 

サインについて サインの書き方、作り方

「どんくさい」とか言われた・・。猛烈に腹が立つ!

私が「どんくさい」だって。いやいや、名前の画数が多いだけだから。そもそも、どんくさいって死語じゃないのか。

私の名前が難しすぎるのをからかっているのか、本当にノロマだと思われているのかわからないが、不愉快だ。

どちらかというと仕事がはやいことに自信があるだけに、「どんくさい」という一言には、猛烈に腹がった。しかも、小声だったから誰が言ったのかわからない。

名前の画数が多いと、書類へのサインがとにかく大変です。人よりも時間がかかる。自意識過剰と言われてしまえばそれまでですが、一度気になり始めるとよけいに焦ってしまいますね。

名前の画数が少ない人は得です。なんの努力をしたわけではないのに、さらっとサインが書けてしまい、仕事がスピーディーにすら見えてしまう。名前の画数が多い人はいくら一生懸命に書いてもノロノロとしているように感じられてしまいます。

仕事の能力で差がつくのなら納得がいくが、字画の多さで劣っているとみなされるのはどうにも納得がいかない。

そんな方は、是非、プロのデザイナーが設計したサインを試してみてください。これまでの苦労が突然解消されるのに驚くことでしょう。

当サイトでは、サイン専門のプロのデザイナーがあなたの名前から、スマートでおしゃれなサインを作成致します。サンプルをたくさん掲載していますので、一度ご覧になってみてください。

Youtube サインの作り方 サインの書き方、作り方

ゴールデンウィークが終わったら、本気出す!

長いゴールデンウィーク。連休が終わったら、本気で頑張ろうという人は多いですね。

思い切り楽しんでストレスを吐き出したか、体をゆっくり休めたか、人それぞれでしょう。その分、これから頑張らないと次の休みを存分に楽しむことはできません。

では、ゴールデンウィーク前と違った自分になるために、何ができるか。今まで通り、勉強や仕事に励むだけでは同じ。何か違ったことをしたい、自分のプラスになることをしたい、という人にお勧めなのが手書きサインです。

「手書きサインで何が変わるの?」と考える人が軽視しがちなのが、自分が他人に与えるイメージです。ある意味、実力主義であるからこそなのかもしれません。

あなたの文字が他人に与えるイメージの力というのが考えているより、ずっと強いのです。科学的なテストでも、多くの人が相手が各文字から、人柄、社交性、能力、清潔さ、様々なものを推測しようとするという結果がでています。

ただ、文字をきれいに書くのは意外に難しい。普通だと何か月も練習してやっとですね。

幸いにも現在は、手で何かを書くということは少なく、ほとんどはパソコンでのプリントアウトです。だからこそ、署名・サインの文字のスマートさ、格好良さがクローズアップされます。

署名・サインをおしゃれに書くだけで、大きくイメージアップできるのですから、これほど効率的なことはありません。

連休が終わって、何かがんばりたいけど、具体的なものが思い浮かばないという方、是非、プロがあなたの名前からデザインしたサインをマスターしてみませんか?

当サイトでは、複数のデザイナーが各々の作風をいかして作成したサインのサンプルをたくさん掲載しています。是非、いらしてみてください。

Youtube サインについて サインの作り方 サインの書き方、作り方

子供は何もわかっていないと思っていませんか?

進級、進学が決まって忙しい時期ですね。

苦労して入った幼稚園や小学校であれば、嬉しさでいっぱいですが、その喜びに浸る暇もなく、次から次へとやることが出てきます。

幼稚園や学校では、ご両親のサインを求められる機会が多くなります。

誰も気にしていないわといい加減なサインをしていると、幼稚園や学校の先生から子供の教育に関心が薄い人だと思われるだけでなく、雑な、大ざっぱな、やる気がない人と見られがちです。ご両親とする機会が少ないからこそ、先生はサインといった小さな情報から多くのことを読み取ろうとします。雑なサインはサインをしたお母さんだけでなく、家族全体のイメージを悪くすることになります。

そうしたご両親への見方が、子供への態度にも多かれ少なかれ影響するものです。書類をもっていく子供たち自身もお母さんのサインをみて、書類の軽重や物事への態度を変えることになります。何もわからないと思っていた、小さなお子さんは意外なほど、多くのことに気づいています。

是非、些細な書類でも、きちんとしたサイン、署名を書くようにしてあげてください。

« 次のページ