管理職

サインについて サインの作り方 管理職

部下に軽んじられていると感じたことはありませんか?

管理職として使える、手書きサイン

部下に軽んじられていると思ったら、あなた自身が相手の仕事を尊重していない結果なのかもしれません。

「〇〇部長のサインって、ちょっとカッコよくない?」

役職がついたら、こんな風に話題になるぐらいのサインを書きたいですね。

自分が一生懸命作り上げた、計画書、企画書に雑なサインをされると、せっかく仕上げた書類の価値がだだ下がりしたような気がするものです。

逆に、スマートなサインをしてもらえると、仕事を評価された気がして一層やる気がでますね。

上層部にしてもそうです。雑なサインがされていると、しっかり検討したのかなと疑いたくなり、ちょっと呼んでもっと話を聞かないとな・・・と通る企画も通らなくなりかねません。

責任のある立場、グループのリーダー、管理職になったら、仕事に使える、しっかりしたサインを書けるようにしておくことが必須です。

当サイトでは、プロのサイン設計家が、お名前から画数を減らした、優れたデザインの署名をお作りします。部下の前にさらさらと格好良い署名ができたら、素敵ですね。

あなたが管理職としてした署名は、会社のあちこちに回り、あなたがどんな人であるかを伝えて回ります。あなたの顔を知らなくても署名をみたことがある人だっていることになります。そんなところで悪い印象をもたれたら大損です。

当サイトでは複数のサイン設計家が、サインをお作りします。是非、一度、当サイトの各設計家のサインサンプルをご覧になってみてください。

サインについて 海外 生活 管理職

海外赴任が決まったら、家族と一緒にサインを準備!

サイン

海外赴任が決まったら、必ずサインの準備をしましょう。

ハンコで手続きが進むのは、世界でも日本だけです。同じ漢字を使う中国でも、全ての手続きにサインは欠かせません(ハンコも使いますが)。

日本人が海外で仕事をするときは、二階級特進が普通で、日本で平社員であっても海外ではいきなり管理職ということがほとんどです。最初から「管理の仕事はしたことがなくってね・・・」と自信なげでは、なめられるばかりで仕事にならなくなります。特に、発展途上国ではルールを軽視する傾向がありますから、管理者の最初の態度がその後の仕事の質に影響してきます。無駄に威張る必要はありませんが、堂々とした態度を忘れないようにしたいものです。

書類の電子化に関しては、海外のほうが日本より進んでいたりすることがありますが、それでも多くの場面でサインが要求されます。スマートなサインが書けないようでは、管理者としても資格を疑われかねません。

ご家族を帯同して駐在なさる方は、ご家族の分もサインを準備しておきましょう。生活の様々な場面でも、サインは必ず必要になります。

当サイトのセレクトコース、ビデオコース、スタンダードコース、ビデオ・プレミアムコースでは、サンプルを見て気に入った作風をもつデザイナーにサインの作成を依頼できますから、好みのサインが手に入りやすくなっています。是非、一度いらしてみてください。

サインについて サインの作り方 管理職

管理職として職位に恥じないサインを書けるようにしておきましょう!

責任のある立場、グループのリーダー、管理職になったら、仕事に使える、しっかりしたサインを書けるようにしておきましょう。

対外的なドキュメント、契約書、社内説明資料、申請、承認書類、ありとあらゆぶ場面でサインが必要になります。雑なサインでは会社や部門の顔に泥を塗ることになりかねません。

署名をする量も機会も、一般社員の頃より非常に多くなります。

画数の多いからと言って、ノロノロと署名していたら、仕事に遅れが生じかねません。

当サイトでは、プロのサイン設計家が、お名前から画数を減らした、優れたデザインの署名をお作りします。部下の前にさらさらと格好良い署名ができたら、素敵ですね。

あなたが管理職としてした署名は、会社のあちこちに回り、あなたがどんな人であるかを伝えて回ります。あなたの顔を知らなくても署名をみたことがある人だっていることになります。そんなところで悪い印象をもたれたら大損です。

当サイトでは複数のサイン設計家が、サインをお作りします。

是非、一度、当サイトの各設計家のサインサンプルをご覧になってみてください。

サインについて サインの書き方、作り方 ビジネス 生活 管理職

医療行為に携わる立場なら、証明書発行用のしっかりした手書きサインを準備しておきましょう。

医療行為や福祉などに携わる仕事であれば、各種の証明書を発行する立場になることがいつでもあります。そうしたときに慌てて雑なサインをしたりすれば、ご自分だけでなく、組織全体の信用を落とすことになりかねません。会社や協会、病院、団体の代表としてふさわしいサインをかけるようになっておきましょう。

署名は印刷されているものを使っているから問題ないとお考えになっていても、実際の運用では急な変更に対応するためであったり、臨時の形式が必要だったりと手書きのサイン、署名が必要なことが多々あります。その時になって慌てても、もう手遅れです。いつでもそうした備えがあってこそ、その職位にふさわしいとも言えます。肝心なときに周囲の失望を招かないよう、しっかりした手書きサイン、署名を準備しておきましょう。

サインについて サインの書き方、作り方 ビジネス 管理職

証明書発行する立場になったら、しっかりした手書きサイン、署名を用意しましょう。

責任のある立場、重要な役職、専門性の強いお仕事に就くと、組織を代表して証明書を発行することになる場合があります。

そうなったときに用意しておきたいのが、しっかりした、見栄えのする手書きサイン、署名です。

雑なサインだと、受っとった人を失望させるだけでなく、証明書の正当性すら疑われ、組織の名誉を傷つけることにすらなります。

逆に、スマートなサインや署名がされていれば、証明書の信頼性や価値が大きく向上します。

会社や組織、協会によっては、サインや署名があらかじめ印刷されたものを用いることもありますが、そのように大量に証明書を発行する機関であれば、どうしても臨時の発行や特殊な形式の証明書を発行する機会が出てくるものです。日本人向けの証明では印刷したものを使っても、外国人向けは手書きでなければならないということもあります。そうした時には印刷された証明書が間に合わず、手書きのサインや署名が必要とされることになります。いざという時になって、恥を書くことになります。

技術的な証明書、医療行為に関する証明書、実験で必要な検査証明書、福祉等で必要とされる登録証明書、訓練や研修で要求される証明書、様々な証明書や登録書があります。そうした重要な書類を発行する立場についたなら、或は予定があるなら、是非、バランスのとれた信用してもらえるような手書きサイン、署名を用意しましょう。

当サイトのセレクトコース、ビデオコースでは、サンプルをみて自分が必要とする作風をもつ設計家にサインの作成を依頼することができますから、実用に耐えて長く使えるサインが手に入りやすくなっています。是非、一度当サイトの各設計家のサンプルをご覧になってみてください。

« 次のページ