管理職

サインについて ビジネス 管理職

「ハンコが使えない!?」、海外赴任あるあるのお話。

「ハンコ、使えないの?」

赴任してから慌てるといったことがよくあります。つたない字で名前を書くときは、「ほんとうにこれでいいのかな?」と不安になりますね。しかし、それもこれも書き慣れていないから。さらさらとスマートに書ければ、ハンコよりもずっと安心です。

日本以外の国では、ハンコではなく、サインが欠かせません。これはお隣の漢字の国、中国でも同じです。

海外に赴任となると、例え技術者であってもなんらかの役職につけられることになります。二階級特進といったことが当たり前です。

すると、これまでやったことのないような、書類の承認など細々したものに毎日のようにサインを求められることになります。煩雑ですが、管理職の仕事の大事な一部です。

雑なサインだと、いかにも慣れない感じで恥ずかしいですね。また、楷書でいちいち書いていると時間もかかります。スマートなビジネス用のサインで決めたいところです。

赴任した翌日には、もうサインが必要になるということが少なくありません。赴任が決まったら早めに練習してできれば、パスポートに登録するものも、同じものにしておくといいですね。

当サイトでは、サイン専門のプロのデザイナーがあなたの名前から、オシャレでスマートなサインをお作りします。たくさんのサンプルを掲載しておりますので、是非一度いらしてみてください。

Youtube サインの作り方 生活 疲労 管理職

心の中の大きな穴、引き込まれる前に対処しましょう。

心の中にぽっかりと穴が開く。

こんな状態になるのは、何も大切な人を失ったり、大きな挫折を味わったときとは限りません。

心の大きな穴は誰にでもあり、ほんの少し感覚のベクトルが違った方向に向かった時、ブラックホールのように吸い寄せられていってしまうものです。一度このブラックホールにはまってしまうと何をやっても空しく、心と体から力が一気に失われてしまうこともあるようです。

そんな心の穴に魅入られないようにするには、充実した生活を送るのが何よりですが、充実していると思った生活が実は惰性で過ごしていたに過ぎなかったということがあります。絶え間ないチャレンジや自分の未開発の部分を見つけ出し、己の中にたくさんの引き出しをもつことが大切です。

突然そんなことを言われても、何から手を付けたらよいものかわからない・・・という人には、「手書きサイン」の習得をお勧めします。あなたの生活に起こるほんの小さな変化に過ぎませんが、スマートでおしゃれなサインは書くたびにあなたに満足を与え、周囲の人の話題になるたびに誇らしさをもたらします。

実用性も高く、クレジットカード、パスポート、年賀状、クリスマスカード、企画書、承認書類、連絡帳と活躍の場に困りません。友人、恋人、同僚、後輩、部下の反応に、きっと驚かれることだろうと思います。

当サイトでは、プロのデザイナーがあなたのお名前からおしゃれでスマートなサインをお作りします。たくさんのサンプルを掲載しておりますので、是非一度、いらしてみてください。

サインについて サインの作り方 管理職

今年のお正月は、時間を賢く使いたいですね。

もうすぐお正月休みですね。

お正月といっても、家族サービスや訪問客の相手などでゆっくりできる時間などないといった人も多いことだと思います。

そんな中でも、スキマ時間を使って何か一つはやりたいことがやれればいいですね。映画を見るとか、小説を読むとか、ありきたりでも心の栄養になることができればいいですね。それが来年、仕事や生活で頑張るための、心の糧になるはずです。

映画を見る気にも、小説を読む気にもなれない。そんな方は「手書きサイン」をマスターしてみませんか?しっかりしたサインは、あなたのイメージを大幅にアップさせます。企画書や承認書類も、かっこいいサインがあるだけでワンランク異なったものに見えるものです。管理職の方には特にお勧めです。あなたがサラサラとスマートなサインを書き上げているのを待っている間、部下の方は「やっぱり部長は違うな」と思うものです。そして機会があれば、「部長のサインはなんかかっこいいね」と同僚と話すことになります。逆にだならしないサインだと、確実にイメージダウンとなります。

サインはクレジットカードでの支払いやパスポートの登録、送別会、メッセージカード、メモと様々な場面で活躍する、一生ものの財産です。

当サイトでは、プロのデザイナーがあなたのお名前からスマートでオシャレなサインをお作りします。是非、一度いらしてみてください。

サインについて サインの作り方 管理職

部下に軽んじられていると感じたことはありませんか?

管理職として使える、手書きサイン

部下に軽んじられていると思ったら、あなた自身が相手の仕事を尊重していない結果なのかもしれません。

「〇〇部長のサインって、ちょっとカッコよくない?」

役職がついたら、こんな風に話題になるぐらいのサインを書きたいですね。

自分が一生懸命作り上げた、計画書、企画書に雑なサインをされると、せっかく仕上げた書類の価値がだだ下がりしたような気がするものです。

逆に、スマートなサインをしてもらえると、仕事を評価された気がして一層やる気がでますね。

上層部にしてもそうです。雑なサインがされていると、しっかり検討したのかなと疑いたくなり、ちょっと呼んでもっと話を聞かないとな・・・と通る企画も通らなくなりかねません。

責任のある立場、グループのリーダー、管理職になったら、仕事に使える、しっかりしたサインを書けるようにしておくことが必須です。

当サイトでは、プロのサイン設計家が、お名前から画数を減らした、優れたデザインの署名をお作りします。部下の前にさらさらと格好良い署名ができたら、素敵ですね。

あなたが管理職としてした署名は、会社のあちこちに回り、あなたがどんな人であるかを伝えて回ります。あなたの顔を知らなくても署名をみたことがある人だっていることになります。そんなところで悪い印象をもたれたら大損です。

当サイトでは複数のサイン設計家が、サインをお作りします。是非、一度、当サイトの各設計家のサインサンプルをご覧になってみてください。

サインについて 海外 生活 管理職

海外赴任が決まったら、家族と一緒にサインを準備!

サイン

海外赴任が決まったら、必ずサインの準備をしましょう。

ハンコで手続きが進むのは、世界でも日本だけです。同じ漢字を使う中国でも、全ての手続きにサインは欠かせません(ハンコも使いますが)。

日本人が海外で仕事をするときは、二階級特進が普通で、日本で平社員であっても海外ではいきなり管理職ということがほとんどです。最初から「管理の仕事はしたことがなくってね・・・」と自信なげでは、なめられるばかりで仕事にならなくなります。特に、発展途上国ではルールを軽視する傾向がありますから、管理者の最初の態度がその後の仕事の質に影響してきます。無駄に威張る必要はありませんが、堂々とした態度を忘れないようにしたいものです。

書類の電子化に関しては、海外のほうが日本より進んでいたりすることがありますが、それでも多くの場面でサインが要求されます。スマートなサインが書けないようでは、管理者としても資格を疑われかねません。

ご家族を帯同して駐在なさる方は、ご家族の分もサインを準備しておきましょう。生活の様々な場面でも、サインは必ず必要になります。

当サイトのセレクトコース、ビデオコース、スタンダードコース、ビデオ・プレミアムコースでは、サンプルを見て気に入った作風をもつデザイナーにサインの作成を依頼できますから、好みのサインが手に入りやすくなっています。是非、一度いらしてみてください。

« 次のページ