海外

サインについて パスポートについて 海外

10年間、ずっと後悔しながら過ごしたいですか?

「あっ、サインの登録なんてあるんだ・・・」

そそくさと名前を書いて、パスポートを受け取って愕然、(ここに出るのか・・・、もっとカッコいいのにしておけば良かった)ということがよくあります。

青パスポートなら5年、赤パスポートなら10年、ずっと使い続けなればならないのですから、何でもスマートにやりたいと思っている人にとってはショックですね。

海外に出ると、ホテルから食事までサインを求められることが多くなります。パスポートと一致していることを確認されることもありますから、パスポートに登録したサインは非常に重要になります。このサインが雑だと、生活全般に影響を受けることになります。

恋人や友人がさらさらとカッコいいサインをしているのを横目に見ながら、こそこそとサインを書くのは辛いものです。

「あなたのサイン見せて!」なんて言われようものなら、どこかに隠れてしまいたくなりますね。

パスポートの作成や更新をするなら、この機会に是非、素敵なサインを作ってください。

当サイトではサイン専門のプロのデザイナーがあなたのお名前からオシャレでスマートなサインをお作りします。是非、いらっしゃってみてください。

サインについて 海外 生活

外国人とのコミュニケーションの最初のきっかけに、「ひらがなサイン」をお勧め致します!

創作サイン

(海外で、外国人と上手にコミュニケーションをとりたい、けれど、何から話していいかわからない・・・)といったことはよくあります。

夫についていった先の国で、隣人の外国人のパーティに呼ばれたり、日本語教師として外国の学生と接したり、留学生として現地の学生たちと交流したり、様々な場面でのコミュニケーションが予想されます。

そんなときに役立つのが、ひらがなサインです。日本以外の国ではハンコは使わずサインで何でも進めるから、サインが書けない人はいません。

あなたが、ひらがなサインを書いて見せれば、外国人は皆強い興味を持ちます。ひらがなはなんと言っても、日本にしか存在しないからです。お隣の中国や台湾にも、漢字の名前こそあれ、ひらがなはありません。

ちいさなきっかけですが、相手のほうから強い興味をもってもらえば、あとがすごく楽になりますね。

海外に行く予定があったら、是非ひらがなサインを一つ習得してからいくといいですよ。ひらがなだけだと子供っぽいと思ったら、姓は漢字、名前はひらがなという組み合わせもグッドです。

サインについて 海外 生活 管理職

海外赴任が決まったら、家族と一緒にサインを準備!

サイン

海外赴任が決まったら、必ずサインの準備をしましょう。

ハンコで手続きが進むのは、世界でも日本だけです。同じ漢字を使う中国でも、全ての手続きにサインは欠かせません(ハンコも使いますが)。

日本人が海外で仕事をするときは、二階級特進が普通で、日本で平社員であっても海外ではいきなり管理職ということがほとんどです。最初から「管理の仕事はしたことがなくってね・・・」と自信なげでは、なめられるばかりで仕事にならなくなります。特に、発展途上国ではルールを軽視する傾向がありますから、管理者の最初の態度がその後の仕事の質に影響してきます。無駄に威張る必要はありませんが、堂々とした態度を忘れないようにしたいものです。

書類の電子化に関しては、海外のほうが日本より進んでいたりすることがありますが、それでも多くの場面でサインが要求されます。スマートなサインが書けないようでは、管理者としても資格を疑われかねません。

ご家族を帯同して駐在なさる方は、ご家族の分もサインを準備しておきましょう。生活の様々な場面でも、サインは必ず必要になります。

当サイトのセレクトコース、ビデオコース、スタンダードコース、ビデオ・プレミアムコースでは、サンプルを見て気に入った作風をもつデザイナーにサインの作成を依頼できますから、好みのサインが手に入りやすくなっています。是非、一度いらしてみてください。

サインについて 海外

海外旅行のチャンスを存分に生かして、ちょっと目立ちませんか?

おしゃれなローマ字サイン

海外旅行で、携帯必須なのはもちろんパスポートとクレジットカード。この二つとともに、サインを使う機会が非常に多くなります。

ホテル、レストラン、ショッピングで、サラサラとスマートなサインを書く恋人や友達のまで、ノタノタしたサインをするのは恥ずかしいものです。

逆に、カッコいいサインを書ければ、素晴らしい印象を残せるチャンスとなります。滅多にないチャンスです。存分にアピールしましょう。

また、旅先のお店にある思い出ノートやパーティでのプレゼント交換、帰国したあとの仕事など、様々な場面で手書きサインは活躍します。文字で書いたものはずっと残ります。

繰り返しみるものですから、残念なサインだと後悔しきりとなることでしょう。素敵なサインで、思い出を数倍輝かせることができます。

当サイトのセレクトコース、ビデオコース、スタンダードコース、ビデオ・プレミアムコースでは、数多くの設計家の中から、自分の好みに合うサインを書く設計家をサンプルを見て選ぶことができます。だから、気に入って長く使えるサインが手に入りやすくなっています。

是非、この機会に世界で一つのマイサインを手に入れましょう。

サインについて パスポートについて 海外

初めての海外旅行でよくある、ダメージが長引く失敗。

初めての海外旅行というと、携帯した荷物の過不足とか、観光地の下調べが足りなかったとか、お土産選びとか、いろいろ失敗があるものですが、翌年の旅行ではすぐに反省点を生かして、改善ができるものがほとんどです。

しかし、一度間違えると、何年もの間取り返しがつかないのが、パスポートに登録するサインです。パスポートの申請をしにいったところで、「ああ、サインを登録しなきゃならないんだ・・・」と気づいてたどたどしく名前を書いてしまう方がほとんどですね。

パスポートは、一度作ってしまうと、青パスポートで5年、赤パスポートで10年は使用しなければなりません。なんとなくサインを登録してしまうと、その間、ずっと我慢をしなければならなくなります。

これはけっこう辛いです。お友達のパスポートのサインが格好よかったりするとなおさら、後悔が大きくなりますね。

パスポートは使っているときだけでなく、使い終わったあとも思い出のスタンプ帳のように見返す機会があります。

ページを開きながら、「ここでは、ああいうことがあった。あそこではああいうことがあった」と楽しい思い出に浸るわけですが、サインの欄をみるとがっくり・・・。

こんなことにならないためにも、余裕のあるうちに、素敵なサインをマスターしませんか?

当サイトでは、経験のある複数のプロのサイン設計家がサインの設計にあたっています。セレクトコースとビデオコース、スタンダードコース、ビデオ・プレミアムコースでは、各設計家のサインのサンプルをみて、自分が気に入った設計家にサインの作成を依頼することができます。だから、長く愛用して使えるサインが断然手に入りやすくなっています。

素敵な思い出に、少しでも残念な部分を残さないために、是非、当サイトでサインを作ってみてください。

« 次のページ