疲労

サインについて サインの作り方 ビジネス 疲労

お身体に「地雷」を抱えたまま仕事をしていませんか?

「なんだか、最近、体が重い・・・」

そんな風に思ったら、体が危険信号を出しているのかもしれません。

心臓が痛い、胃が痛い、胸が痛いとかであると、すぐに病院に行ったり、薬を飲んだりとするものですが、手の疲れや肩の痛みなどに対してはついつい対策を怠りがちです。

手、腕、肩の疲れは、眠っている地雷のようなものです。大人しくしている間は、多少辛くとも日常生活に差しさわりはありませんが、一旦爆発してしまうと大変なことになります。

定期的に医者にかかれないようであれば、せめて負担を軽くしてあげるようにしましょう。

手の疲れが、腕、肩と広がっていくと、最後には頭痛まで引き起こすことがあります。腱鞘炎や、ひどい肩こりになると、腕を持ち上げることすら辛くなります。

それでも、業務日誌、申請書類、インボイスなどの大量の書類にサインし続けねばならない毎日です。特に名前の画数が多い人は、人の何倍も苦労しなければなりません。少しでも負担を軽くしたいと思ったら、サインの画数を減らすのが近道です。

当サイトでは、サイン専門の設計家が、あなたの名前の原型の良さを生かしつつ、画数を減らしたサインをデザイン致します。手や肩への負担をきっと和らげることができるでしょう。

腱鞘炎や肩こりでお悩みの方、是非、当サイトの手書きサインをご検討になってみてください。

Youtube サインの作り方 生活 疲労 管理職

心の中の大きな穴、引き込まれる前に対処しましょう。

心の中にぽっかりと穴が開く。

こんな状態になるのは、何も大切な人を失ったり、大きな挫折を味わったときとは限りません。

心の大きな穴は誰にでもあり、ほんの少し感覚のベクトルが違った方向に向かった時、ブラックホールのように吸い寄せられていってしまうものです。一度このブラックホールにはまってしまうと何をやっても空しく、心と体から力が一気に失われてしまうこともあるようです。

そんな心の穴に魅入られないようにするには、充実した生活を送るのが何よりですが、充実していると思った生活が実は惰性で過ごしていたに過ぎなかったということがあります。絶え間ないチャレンジや自分の未開発の部分を見つけ出し、己の中にたくさんの引き出しをもつことが大切です。

突然そんなことを言われても、何から手を付けたらよいものかわからない・・・という人には、「手書きサイン」の習得をお勧めします。あなたの生活に起こるほんの小さな変化に過ぎませんが、スマートでおしゃれなサインは書くたびにあなたに満足を与え、周囲の人の話題になるたびに誇らしさをもたらします。

実用性も高く、クレジットカード、パスポート、年賀状、クリスマスカード、企画書、承認書類、連絡帳と活躍の場に困りません。友人、恋人、同僚、後輩、部下の反応に、きっと驚かれることだろうと思います。

当サイトでは、プロのデザイナーがあなたのお名前からおしゃれでスマートなサインをお作りします。たくさんのサンプルを掲載しておりますので、是非一度、いらしてみてください。

疲労

疲れを蓄積させないためにもプロが設計した自筆署名をどうぞ!

毎日、毎日、たくさんの書類が次々に机の上にやってきます。

日常の仕事だけでも大変だというのに、申請書類を残業でこなす辛さを誰もわかってくれません。

字数が少ない名前ならまだしも、画数が多い名前となると、もうこれは「拷問」です。

「会社のシステムに問題があるんじゃないか」、「ハンコでは駄目なのか」とぼやいても誰も耳を貸してくれません。
どうにも不公平な気がするのですが、ただただやり続けるしかありませんね。

肩への負担は、少しずつ積み重なっていきます。ある日、腕をぐるりと回わそうとしたら、全く動かない。自分の体かと思うぐらいに動かない。そんな風に驚かされることがあるはずです。長い間の疲労が肩をコチコチに固めてしまったのですね。

動かないぐらいだから、血もキチンと流れているわけもなく、疲労の蓄積は加速度的に高まっていきます。
頭痛やめまいがしだしたら、完全な赤信号です。

そうなる前に、少しでも肩に楽をさせませんか?

当サイトでは、専門のサイン設計家が肩への負担を少しでも減らすようにバランスがとれた、少ない画数でかける自筆署名をお作りします。セレクトコース、ビデオコースでは数ある設計家から好みの署名を作る設計家を選んで、作ってもらうことも可能です。

是非、この機会に肩や手に優しい、一生使える素敵な署名を手に入れてください。