万年筆について

サインについて 万年筆について

連休中に有意義なことを一つ成し遂げてみませんか?

クレジットカード用サインのサンプル

毎回の連休を有効に使えていますか?妻や夫、両親から用事を頼まれてとか、町内会の行事で忙殺されてとか、PTAの業務でとか、忙しい理由はいくらでもあると思いますが、前進する人は隙間時間を使ってでも将来につながる何かをやります。

そうは言っても、疲れきっていて頭が回らない。本を読み始めると眠ってしまうという人も多いと思います。

しかし、毎日同じように過ごしていては、何も変わりません。古き良き時代の、経済が常に右肩上がりの時にはただ真面目に仕事をしていれば、何もかもが良くなっていたかもしれませんが、現代では他人と同じことをやっていては右肩上がりどころか、停滞、さらに右肩下がりになっていってしまいます。

慣性が惰性になってしまっては、未来はありません。

だから、こうした連休中に振り返って、自分が生きる道や仕事のやり方や人との付き合い方を見直してみるのはとてもいいことだと思います。

連休中に何かを成し遂げることができればベストですが、数日程度でできることは限られています。家族サービスやら何やらがあったら、なおさらですね。

それなら、少なくとも何かに取り掛かってみたいですね。運動を始めるとか、通信教育を始めるとか、英会話を始めるとか、いろいろなことのスタートにチャレンジしたいものです。三日坊主になってしまうかもと恐れる必要はありません。とりかかる気持ちがある限り、若い心は失われないからです。何度でもチャレンジすることが、慣性を惰性に変えないために必要なことです。

そんな中でお勧めしたいのが、手書きサインのマスターです。

素敵な手書きサインはあなたが周囲に与えるイメージを大きく変えます。また、サインが変わったことで、あなたが何かを変えようとしていることを自分自身に認識させることができます。書類に、メッセージカードに、契約書に、日誌に、寄せ書きに、様々なものに記していくたびに、あなたは自分の努力のあとを確認することができます。小さなスタートに成功すれば、もっと大きな目標にとりかかることが可能になります。

当サイトのセレクトコース、ビデオコース、スタンダードコース、ビデオ・プレミアムコースでは、設計家を選んでサインの設計をしてもらうことができます。各設計家のサンプルをみて、気に入った作風の設計家に依頼して、自分だけのサインを作ってもらうことができるのです。是非、このチャンスに自分のイメージを変える手書きサインを手に入れて、新しい一歩を踏み出してください。

サインについて サインの書き方、作り方 ニコニコ動画 ビジネス 万年筆について

管理職になることが決まったら、チャンスです!

昇級、昇格が決まったものの、何から手を付けて良いのかわからないということがよくあります。

そんなあなたにお勧めなのが手書きサインのマスターです。

管理職になったら、書類を申請したり、承認したりと忙しくなります。重要な契約書にサインをすることも増えるでしょう。

この機会にと、高級万年筆を使い始めたり、高級ボールペンを使い始めることもあるでしょう。重要な書類にこれまでのように100円ボールペンで雑なサインをするわけにはいかないからです。管理職の仕事は、一般社員の見本でもあります。仕事に対する態度を普段から皆に見せる必要があります。

筆記具だけでなく、サインもきちんとしたものができるようにしましょう。上がってきた書類がこれまでとは違うと上層部にアピールする効果もありますし、管理職としての自覚を部下に伝える効果もあります。

しっかりしたサインは、クレジットカードやパスポートにも使えます。是非、この機会にプロの設計家が作った、スマートでおしゃれなサインを身につけてしまいましょう!

Youtube サインについて サインの書き方、作り方 万年筆について

高級ボールペンに相応しい、スタイリッシュなサインを書けるように!

高級ボールペンで文字を記すようになったら、ステイタスがアップした印です。高級ボールペンからさらさらと文字を書き出す様子は、ハイステイタスな人間だけがもつスタイリッシュな姿です。

でも、書かれたサインが雑なものでは、見ているほうもがっかりしてしまいます。オシャレで、スマートなサインが書けてこそ、高価なボールペンの価値に恥じないというものです。

映画などでも、よくあるシーンです。実力派のビジネスウーマンが、契約書にサインする姿。あなたも練習さえすれば、胸躍るような素敵なサインが書けるようになります。

後輩の前で書類にサインする姿をイメージしてみましょう。ワンランク違うなという感じがするはずです。同僚だって驚くはずです。知らないうちに差をつけられたと思うことでしょう。

そうはいっても、サインを自分で考えるのは大変です。5分考えただけでも頭が痛くなるのが普通ですね。

当サイトのセレクトコース、ビデオコースでは、設計家が書いたサンプルを見て、気に入った作風をもつ設計家にサインの作成を依頼することができます。あなたがやるのは、気に入ったサインを選んで練習するだけ。これなら簡単ですね。

是非、一度当サイトの手書きサイン作成サービスをご経験になってみてください。一生使える、スマートでオシャレなサインと出会えることでしょう。

サインについて 万年筆について

万年筆の歴史

万年筆の歴史を遡っていくと、メソポタミア文明/エジプト文明にまで行き当たります。紀元前に、葦の茎でペンを作ったのが最初で、その先端を割ってインクが長く保持されるようにしてありました。

その後、長い羽ペンの時代(西暦500年~1800年ぐらい)が続ました。シェイクスピアも羽ペンを使って多くの作品を書き上げています。

西暦1800年前後にイギリスで相次いでペン先や構造に関する発明が行われました。またペンの金属化が行われます。万年筆の英語原名である「fountian pen」の名称が生まれたのもこの頃です。

1883年には、アメリカの保険外交員ウォーターマンが、万年筆から落ちたインクで契約書を台無しにしてしまい、大きな契約を逃してしまうという歴史的事件が起こりました。ウォーターマンはこの時の失敗から万年筆の改善に取り組み、毛細管現象を応用した現代万年筆の原型を作り上げたということです。

日本では1895年に丸善がウォーターマン社の万年筆の輸入販売を始めています。