ビジネス

サインについて サインの書き方、作り方 ビジネス

今年の年賀状の注意点はご存知ですか?間違えると、戻ってきてしまうかもしれません。

年賀状の準備、着々と進めておられますか?

ぎりぎりになって始めると大変ですから、計画的にやりたいところですね。

ご存知の通り、今年、はがきの郵便料金が6月に52円から62円に値上げされましたが、2018年の年賀状に限っては以前の通り52円で送れることになっています。(2019年以降は未定)。

注意しなければならないのはその期間です。「12月15日~来年1月7日」の投函分のみとなっています。早すぎても遅すぎても10円の「料金不足」が生じ、届かず戻ってくるか、送り先が不足分を請求される事態となるのだそうです。「低料金の年賀はがきを大量に買い込んで、日常の用途に利用するケースが想定されるため」とのことです。

せっかく作成した年賀状が無駄になっては大変です。また、相手先に失礼があっては大変ですから、間違えないようにしたいですね。

年賀状というと大量に出す場合、印刷で作成する場合が多いと思いますが、サインだけは手書きでしたいものです。サイン一つあるだけで冷たい印象が消え、暖かい気持ちが伝わります。

また、せっかく書くのですから、オシャレでスマートなサインにしませんか。普段のあなたとは違った印象を与えて、たくさんくる年賀状の中でちょっと目立つことができます。ペラペラとハガキをめくっていく手を一瞬とめることができれば大成功ですね。

当サイトでは、プロのデザイナーがあなたのお名前からオシャレでスマートなサインをお作りします。サンプルもたくさん掲載していますから、是非一度ご覧になってみてください。

サインについて サインの作り方 ビジネス 生活

遠くの彼に向かって放つ、あなたの決定打!

クレジットカードに使いやすい、手書きの漢字サイン

「彼が遠くへ行ってしまう」

離れて初めてわかる、一緒にいることの大切さ。いくらSNSで連絡ができても、尋ねればよけいに不安になってしまう切なさ。

自分と共有していたはずの時間を、一体どうやって過ごしているのだろう?考えれば、考えるほど心配ですね。

しつこいメッセージは、むしろ逆効果。彼の心をぎゅっとつかむようなプレゼントをしてみませんか?

それが手書きサインです。

どんな業務にもサインはつきもの。書くたびにあなたのことを思い出すことになります。使うほどに、あなたの姿が彼の心に焼き付きます。

もしかしたら、魔が差す瞬間に踏み出す一歩を止めてくれる、あなたの矢となってくれるかもしれません。

手書きサインのプレゼントは、メールで送れるからタイミングをみて気軽に渡すことができます。受けとったときは、なんとも思わなくてもじわじわと効いてくるプレゼントです。

是非、一度ご検討になってみてください。

サインについて ビジネス

オーダースーツを着るようになったら、スマートなビジネスサインを書けるようにしておこう!

オーダーメイドのスーツを着るようになったということは、身に着けるものにこだわりを持てるビジネスマンになってきたということです。

実際のところ、高収入なビジネスマンほどオーダーメイドのスーツにこだわります。

できるビジネスマンが、時間もお金もかかるオーダーメイドのスーツを選ぶのは、契約額の高い取引を行うビジネスマンほど外観が占める重要性をよく理解しているからです。

顧客は、高額な商品を購入する場合、特に多くの情報を得たがります。その中で非常に強い影響力をもつのが見た目なのです。容姿端麗であることもプラスに働きますが、ケースバイケースです。しかし、身に着けているスーツや万年筆のクオリティは確実にプラス方向の情報を与えます。こんなわかり切っていることに投資をしないなんてありえない。そう考えているのです。高級な服装や文具はビジネスマン自身にも自信を与え、一層ビジネスをやりやすくします。

そして、最後の決め手がスマートなサインです。契約の締めにおいて、サインが占める位置は、スーツよりもはるかに重要です。高額な契約書に雑なサインをするということは、100円ボールペンでサインをするのと同じことで、取引相手を不安にさせるだけでなく、侮辱されたと感じさせても不思議ではありません。リピート注文につながるか、また他の顧客を紹介してもらえるかは、この一瞬にかかっているといっても過言ではありません。ビジネスをどんどん大きくしていくためにも、しっかりしたサインが書けるようになっておきましょう。

当サイトではサイン専門のプロの設計家があなたの名前をビジネスマンにふさわしい、しっかりしたサインに仕上げます。是非、一度いらしてみてください。

サインについて ビジネス

フォーマルな場面で使えるビジネスサインを用意しておきましょう!

正式の場で恥ずかしくないサイン

明確な目標をもって前進するときは、体が燃えるような情熱に包まれるような気がするものですね。

これから社会に出る。正社員になる。起業する。一人前のビジネスマンになる。ネットショップを始める。海外輸出入に取り組む。海外に赴任する。決して怠けていたわけではないが、なんとなく惰性で生きてきた自分からの決別の瞬間です。

そうした将来への覚悟ができたなら、是非一つフォーマルなビジネスサインを用意しておくことをお勧めします。

正式な書類にサインを求められた時、「こんなので大丈夫かな・・・」と思いながらたどたどしい署名をしていると、相手から不安に思われてしまい、うまくいくはずの取引が最初から難航することにもなりかねません。

自信をもってサラサラと書く姿が、相手から信頼されるために必要なのです。

文章などは、パソコンで作って印刷すれば字の上手、下手は関係ありませんが、本人証明となるサインだけは自分の手で書かなければなりません。一人前の社会人、ビジネスマンとして仕事をしたり、起業家として独立したり、ネットショップを運営したりするためにはフォーマルなサインが一つあったほうが、いざというとき慌てないで済みます。海外ではハンコなどは使いませんから、なおさらのこと、サインは必須です。突然、フォーマルなサインを書けと言われても書けるものでありませんから、あらかじめ準備しておくことが重要です。

当サイトのセレクトコース、ビデオコース、スタンダードコース、ビデオ・プレミアムコースでは、デザイナーを選択してサインの制作を依頼することができます。だから、気に入って長く使えるサインが手に入りやすくなっています。

是非一度お越しになってみてください。

ご連絡 サインについて ビジネス

あなたの身体、黄色信号を出してませんか?

学生のうちに身につけたい、社会で役立つ手書きサイン

「月末が近づくと、書類が3倍に増えるな・・・」

管理仕事だけならまだしも、前線で仕事をして帰社後に書類の処理ではたまりませんね。

申請書類を残業でこなす辛さはなかなかわかってもらえません。

字数が少ない名前ならまだしも、画数が多い名前となると、もうこれは「拷問」です。

「会社のシステムに問題があるんじゃないか」、「ハンコでは駄目なのか」とぼやいても誰も耳を貸してくれません。
どうにも不公平な気がするのですが、ただただやり続けるしかありませんね。

肩への負担は、少しずつ積み重なっていきます。ある日、腕をぐるりと回わそうとしたら、全く動かない。自分の体かと思うぐらいに動かない。そんな風に驚かされることがあるはずです。長い間の疲労が肩をコチコチに固めてしまったのですね。こうなってしまうと、少々の運動では治りません。

動かないぐらいだから、血もキチンと流れているわけもなく、疲労の蓄積は加速度的に高まっていきます。頭痛やめまいがしだしたら、完全な赤信号です。

そうなことになる前に、少しでも肩に楽をさせませんか?

当サイトでは、専門のサイン設計家が肩への負担を少しでも減らすようにバランスがとれた、少ない画数でかける自筆署名をお作りします。セレクトコース、ビデオコース、スタンダードコース、ビデオ・プレミアムコースでは数ある設計家から好みの署名を作る設計家を選んで、作ってもらうことも可能です。

是非、この機会に肩や手に優しい、一生使える素敵な署名を手に入れてください。

« 次のページ