ビジネス

ビジネス 海外 社会 豆知識

憎いスリにキツイ一撃を食らわせてやれ!!

スリは怖いですね。満員電車や人混みの中では、つい財布をぎゅっと握ってしまう、そんな経験のある方が多いと思います。

経験を積むごとに、財布を守る意識は高くなるものですが、プロが本気で狙いを定めた場合には、一般人が財布を守り切るのは難しいだろうと思います。とくに複数のプロに狙われたりするとどうしようもないですね。一人がぶつかってきて、そちらに注意をうばわれたり、バランスを崩したりしている間に、スルッととられてしまう事例もあります。

しかし、そんなスリに対抗できる財布が開発されました。それがこの記事で紹介されている「Volterman」です。スリが財布を開いた途端にパチリっと写真をとってメールしてくれるという優れもの。さらにGPS機能もついているようです。

写真をとられたと気づいたスリは、「落ちているのを拾った・・・」とか言い訳をして警察に届けざるえないのではないでしょうか。

実際にはどうなることかわかりませんが、憎いスリに精神的な一撃を食らわせてやることだけはできそうです。

 

Youtube サインについて ビジネス

ステイタスを形にする!

大きな契約を結ぶビジネスマンほど外観の印象が与える重要性をよく理解しています。

だから、成功しているビジネスマンほど、時間もお金もかかる高級スーツのオーダーメイドにこだわります。

そして、契約において、サインが占める位置は、スーツよりもはるかに重要です。高額な契約書に雑なサインをするということは、100円ボールペンでサインをするのと同じことで、取引相手を不安にさせるだけでなく、侮辱されたと感じさせても不思議ではありません。

高級なスーツが相手に対する敬意を表すように、しっかりしたサインは取引の重要性を意味します。

オーダーメイドのスーツを着るようになり、大きなビジネスの契約書にサインする立場になったなら、是非スマートでおしゃれなサインを書けるようになっておきましょう。

当サイトではサイン専門のプロの設計家があなたの名前をビジネスマンにふさわしい、しっかりしたサインに仕上げます。是非、一度いらしてみてください。

Youtube サインについて ビジネス

「別れるつもりはなかった」悲劇を回避。

彼が遠くの土地に転勤することになった。長く交際してきたけれど、結婚に踏み出すにはまだ準備不足というケースは少なくありません。

二人で築いてきた歴史には自信があるけれど、遠距離恋愛は難しいというのは十分にわかります。

彼はまだ出発していないのに、こんなに不安で果たしてどうなるのか。

さて、彼と彼女の二人を結びつけるものは何でしょうか。

それは二人が過ごしてきた、二人の歴史ですね。二人で過ごした誕生日、クリスマス、バレンタインデー、一緒に食事したレストラン、出かけたディズニーランド、二人で見た映画。様々な出来事が二人の関係を深めてきたはずです。

そんな二人の関係をさらに確かにするのが創作サインのプレゼントです。

サインは、普段の生活の中で頻繁に使うものです。お仕事をお持ちの場合はなおさらですね。それがあなたからのプレゼントだったら、使うたびにあなたのことを考えずにいられません。使うたびに、二人の関係が深まる。まるで、あなたの分身がいつも相手のそばにいるような、そんなプレゼントになります。

今ある、二人の気持ちをもっと固いものにしませんか。創作サインであなたの存在を大切な人の中に刻み付けられるといいですね。

Youtube ビジネス 生活 社会

対立の時代、それは破滅への道なのか。

ここ半年ぐらいは、ずっと米中貿易戦争の話題でもちきりでした。トランプ大統領の登場そのものが、グローバルVSナショナリズムの対立を象徴するものでしたが、それが世界第一の経済大国と第二の経済大国の争いとなって一層明確に具現化されたと言えます。関係の深い米国とお隣の中国との争いですから、決して小さなインパクトではありませんでしたが、当事国でないこともあって、多くの庶民にとってはまだまだ遠い世界の話でもありました。

それが、年末近くになって、日本が誇る自動車メーカー日産での事件発生。「ゴーン社長逮捕!」です。日産内部での対立、日本とフランスとの対立(日産がフランスにとられる?)が原因で問題が明るみになったといわれています。ただ、事件が多くのメディアに取り上げられるにつれ、富裕層VS庶民といった様相も現れてきました。

トランプ大統領が主張するナショナリズムを支持する国民層に、経済のグローバル化によって仕事を失った労働者たちが多くいることから、格差がトランプ大統領を生んだとも言えます。これがポピュラリズムと呼ばれていますが、現在多くの先進国で政権を取り始めています。ポピュラリズムの大きな源泉としては、大量の移民・難民が流れ込んできたことにより、格差経済で苦しんでいた労働者たちが、さらなる低賃金に追い込まれたということがあります。日本は海に囲まれていることもあり、今のところ移民・難民問題が生活に破壊的な影響を及ばすには至っていません。だからこそ、ドミノ倒し的に各種対立が浮き彫りになる事態は発生していませんでした。

しかし、今回の日産ゴーン社長事件を通して、日本にも十分格差対立の根が張っていることが明らかになりつつあります。日本において、最後の引き金をひく出来事は一体に何になるのか、或いは、あくまで他国のこととしてやり過ごすことができるのか、或いは日本独自の方法で融和への道を歩むことができるのか、興味深くもあり、不安でもありますね。

人と人の、気持ちを結びつけるオシャレなサイン、作ってみませんか?

サインについて ビジネス

ありえない、「コツ、コツ」と足音でせかされた!

ゴルフ場のフロアでサインをしていたら、後ろか「コツ、コツ」と足音でせかす音が耳に入った。一瞬、気のせいかと思ったら、再び、「コツ、コツ」と。

誰だ!と振り返りたかったが、他にも人がいたから振り返ってにらみつけることすらできなかった。

名前を書くのが遅いのは、画数が多いから。それだけだ。なんでも速くこなす私にとって、他人からせかされるということほど屈辱なことはない。

猛烈に腹が立ったが、サインを終えて振り返っても、皆平静な顔をしていてわからなかった・・・。

名前の画数が多いと、書類へのサインがとにかく大変です。人よりも時間がかかる。自意識過剰と言われてしまえばそれまでですが、一度気になり始めるとよけいに焦ってしまいますね。

名前の画数が少ない人は得です。なんの努力をしたわけではないのに、さらっとサインが書けてしまい、仕事がスピーディーにすら見えてしまう。名前の画数が多い人はいくら一生懸命に書いてもノロノロとしているように感じられてしまいます。

仕事の能力で差がつくのなら納得がいくが、字画の多さで劣っているとみなされるのはどうにも納得がいかない。

そんな方は、是非、プロのデザイナーが設計したサインを試してみてください。これまでの苦労が突然解消されるのに驚くことでしょう。

当サイトでは、サイン専門のプロのデザイナーがあなたの名前から、スマートでおしゃれなサインを作成致します。サンプルをたくさん掲載していますので、一度ご覧になってみてください。

« 次のページ