パスポートについて

サインについて パスポートについて

船出からつまづいた、長い後悔の始まり!

初めてのパスポートというと、見本を見ながら申請書に記入をするのに精いっぱいという人が多いです。

出来上がったパスポートを受け取って、開いてみて初めて、「ああ、あそこに記入したサインがそのままここに印刷されてくるんだ・・・。もうちょっとカッコいいサインにしておけば良かったな」とちょっぴり後悔したりします。

このときは、ちょっと心がシクッとするぐらいなのですが、パスポートの有効期限は5年から10年です。ずっと長い長い後悔(?)が続くことになります。

パスポートのサインというのは海外では、様々なところで対照される重要なもので、日常使うサインもパスポートと同じものにしておいたほうが無難なことが多いです。だから、書くたびに、(ああ、もっとサッと書けるようなものにしておけば)と思うものです。また、心配性な人ならば、(真似されにくいタイプのにしておけば良かったな)と考えたりもします。海外業務ではハンコを使わずにサインで仕事を進めるものですが、このときも(もうちょっと見栄えのするサインにしておけば良かった・・・)と後悔の連続となります。

次のパスポート更新の日を首を長くして待ち続けるようなことにならないよう、最初の申請までにスマートなサインが書けるようになっておきましょう。

当サイトでは、サイン専門のプロのデザイナーが常時10人以上所属し1ています。注文時にサンプルをみて、気に入った作風のデザイナーを選んで注文することも可能です。また、漢字、ローマ字、ひらがな、カタカナの全てに対応可能ですから、デザイン性と安全性の高いサインを提供することができます。是非、一度、ゆっくりとサンプルをご覧になってみてください。

Youtube サインについて パスポートについて

あなたの旅の思い出が詰まったパスポートを、光輝くものにしませんか?

恋人との海外旅行、ハネムーン、卒業旅行、海外留学。パスポートにハンコが押される度に、思い出が積み重なっていきます。

ふとした機会に、引き出しからパスポートを取り出したとき、恋人や友人と過ごした観光地やレストランの光景が次々と、心の中に浮かび上がってくることでしょう。

そんなとき、パスポートに雑なサインが登録されていると、素敵な思い出もちょっと色褪せてみえてしまいますね。

最高の思い出が詰まったパスポートに登録するサインだからこそ、納得がいくスマートな、おしゃれなサインにしたいものです。

旅行先では、多くのホテルやレストランに利用客が記入する「旅ノート」が置いてあります。「感動した!」とか、「素敵!」とか、ありきたりの感想であっても、おしゃれなサインが記してあると周囲のコメントとは異なった輝きを放ちます。後に、同じところへ行くことになった友人に紹介するときも、「このサインがあるから、見てみてね」などの楽しい一言を伝えることもできます。

あなたの旅を何倍も価値あるものにする、素敵なサインをお作り致します。たくさんのサンプルを掲載してありますので、是非一度、いらしてみてください。

サインについて パスポートについて

パスポートのサイン、漢字、ローマ字、ひらがな、カタカナ、どれにしますか?

パスポートのサインは、一度登録したら、5年または10年と長期間変更ができなくなります。雑なサインで登録してしまうとずっと後悔し続けることになります。パスポートの登録時になって慌ててセンスが良いものを作ろうと思ってもなかなかできるものではありません。いつ海外へいくことになるかわからない時代です。はやめに準備しておけば、納得できるサインが登録できるというものです。

当サイトでは、サイン専門のプロのデザイナーが常時10人以上所属しています。注文時にサンプルをみて、気に入った作風のデザイナーを選んで注文することも可能です。また、漢字、ローマ字、ひらがな、カタカナの全てに対応可能ですから、デザイン性と安全性の高いサインを提供することができます。是非、一度、ゆっくりとサンプルをご覧になってみてください。

Youtube サインについて パスポートについて ビジネス

漢字、ローマ字、ひらがな、カタカナ・・・サインはどれを使っていますか?

日本でサインに使われる文字というと、やはり「漢字」が圧倒的に多いと言えるでしょう。

子供の頃から親しんでいて、テストや書類、様々な場面で名前を記入してきていますから、それをそのままサインにということは頷ける話ですね。まれに漢字の自分の名前が嫌だからひらがなで書くという方もおられますね。

漢字の名前の画数が多くて大変だから、どうしても必要なとき以外はローマ字で済ませているという方も少なくありません。必要から出た変更です。

カタカナで書く人は少ないですが、職業柄インパクトを与えたい。自分のイメージに合うといった理由でカタカナのサインをお使いになる方も数は非常に少ないですがおられます。

それでは、パスポートやクレジットカードのサインにはどんなものが良いのでしょうか?

パスポートを申請にいって初めてサインを意識したが、時遅く、楷書で名前を書いた・・・という人が多いと思います。一度申請してしまったが最後、5年(青パスポート)・10年(赤パスポート)、ずっとそのサインで通さなければならず、ずっと後悔し続けということになりがちですね。一緒に旅行にいく同僚や友達がさらさらとサインを書く姿をうらやましく思いながら眺めることになります。パスポート写真の横に並んだ残念なサインが憎らしく思えてきますね。10年パスポートでなく、5年にしとけば良かったとさえ考える方もおられるようです。

海外では漢字が真似されにくいから漢字のサインが一番だと言われていた時期もありますが、現在は多くのアジア人が海外で暮らしていますから、漢字が安全というのはもはや神話に過ぎません。真似されにくいという点ではむしろ、ひらがなサインがお勧めです。ひらがなこそは、日本でしか使われていないからです。ひらがなのくねくねした感じは欧米・アジアのいずれの国の人からも不思議なものに思われるようです。

ただ、ひらがなだと子供っぽくみられるという理由でひらがなサインを敬遠される方もおられます。そんな場合は、苗字を漢字で、名前をひらがなでというのが良いでしょう。

今回、漢字、ローマ字、ひらがなのサインを動画に掲載しましたので、見比べてどれが自分にしっくりくるかご検討になってみてください。

当サイトでは、漢字、ローマ字、ひらがな、カタカナのいずれのサインにも対応しています。大切なパスポートやクレジットカードに使うサインです。じっくり考えてお決めになった後、ご注文をお願い致します。

サインについて パスポートについて 海外

10年間、ずっと後悔しながら過ごしたいですか?

「あっ、サインの登録なんてあるんだ・・・」

そそくさと名前を書いて、パスポートを受け取って愕然、(ここに出るのか・・・、もっとカッコいいのにしておけば良かった)ということがよくあります。

青パスポートなら5年、赤パスポートなら10年、ずっと使い続けなればならないのですから、何でもスマートにやりたいと思っている人にとってはショックですね。

海外に出ると、ホテルから食事までサインを求められることが多くなります。パスポートと一致していることを確認されることもありますから、パスポートに登録したサインは非常に重要になります。このサインが雑だと、生活全般に影響を受けることになります。

恋人や友人がさらさらとカッコいいサインをしているのを横目に見ながら、こそこそとサインを書くのは辛いものです。

「あなたのサイン見せて!」なんて言われようものなら、どこかに隠れてしまいたくなりますね。

パスポートの作成や更新をするなら、この機会に是非、素敵なサインを作ってください。

当サイトではサイン専門のプロのデザイナーがあなたのお名前からオシャレでスマートなサインをお作りします。是非、いらっしゃってみてください。

« 次のページ