Youtube サインについて

あなたの明日にはどれぐらい現実味がありますか?

どんな大企業でも、いつ倒産するかわからない世の中です。倒産しないまでも、景気が悪くなればいつリストラされるかわかりません。

頑張っているとか、能力があるとか、関係なしに年齢で線を切られてしまうことも多いです。理不尽なことだと思いますが、時代の流れには抗うことができません。

そんな時代ですから、サラリーマンが副業をもつことは何の不思議もないことになりつつあります。いや、副業がないことが直接不安定を意味することになります。一番いいのは、何かあったときには副業からそのまま起業につなげられることですね。

そうは言っても、まだまだ多くの会社では副業は会社の仕事に対する怠慢だとみなされがちです。どうしても、こっそりと準備を積み重ねていくのが精いっぱいということもあると思います。

では、スムーズに起業をスタートするにはどうしたらいいでしょう。それは何といっても、顧客を押さえておくことです。スタート前にどれだけ潜在顧客をつかんでおき、起業と同時に顕在化できるかですね。スタートが順調であれば、準備する資金も少なくて済みます。逆にスタートに躓けば、豊富な資金も瞬く間に尽きてしまうことでしょう。

だから、独立と同時に潜在顧客に挨拶状を出すのは当然のことです。独立してから顧客探しではよほどの営業力があっても四苦八苦することになります。スタートしたばかりの新鮮なときに、お客様に来てもらうことが大切になります。

潜在顧客は多ければ多いほど良いわけですが、たくさんの顧客に挨拶状を送るとなると、すべて手書きで出すというわけにはいかず、印刷物を利用することになります。しかし、挨拶状に印刷したものしか書かれていなければ、どうしても手抜きの印象を与え、仕事のクオリティすら疑われかねません。印刷された挨拶状であっても、サイン・署名だけは手書きのものにしましょう。

当サイトでは、サイン専門のプロの設計家があなたの名前からスマートで印象に残るサイン・署名をお作りします。たくさんのサンプルを掲載していますから、是非一度いらしてみてください。きっと気に入る作風のサインが見つかるはずです。

« »