Youtube サインの作り方 ビジネス

世の中あまりに不公平、そんな風に感じたら・・・。

「仕事が雑なんじゃないか?」、「きちんとチェックしていないんじゃないか?」

汚いサインをされた書類を見ると、上司は不安に思うものです。その書類をさらに上層部にあげないといけないとなると、なおさら嫌な気分になります。

人間が手書きの文字からうける印象は、その人を判断する大きな材料となります。これほどコンピューターとインターネットが発達した時代でも、手書きの履歴書を要求する会社が多いのはそのためです。これは科学的なテストでも証明されていて、人間は相手が書いた文字から、「社交性」、「実直さ」、「合理性」、様々な情報を読み取ろうとします。

「急いでいるから、仕方がない」、「名前の画数が多くて大変」、「書類が山のようにある」、本人としては様々な理由があるのですが、相手が見るのは書類の上に書かれた文字だけです。現在では、サイン以外の文字がほとんど全て印刷されているため、余計にサインの比重が高まっています。

サインが運ぶあなたのイメージは、1日1日と積み重なり、上層部、同僚、取引先、他部門と広がっていき、あなたがいない場所であなたのイメージを作り上げていきます。

だから、雑なサインをすることほど損なことはないのです。

当サイトでは、あなたのお名前から、スマートにかけるおしゃれなサインをお作りします。たくさんのサンプルを掲載しておりますので、是非、一度いらしてみてください。

« »