Youtube サインについて ビジネス

今日も残業、名前の画数の多さで困っていませんか?

「うわっ、今日はまたすごい量だな・・・」

ケースに収まりきらず溢れてしまっている書類を見てうんざりした経験があるはずです。月末だからと予想して早めに帰社したものの、これでは今日も遅くなりそうです。

隣を見ると、同期のA課長のケースも書類の山。山の高さはA課長のほうが高いぐらいなのですが、退社するのはいつも自分のほうが遅くなります。それもこれも、名前が原因です。

同じ4文字なのですが、A課長のほうは苗字も名前も、画数が少ない。自分の3分の一ぐらいで書類を処理してしまいます。「(書類を)ちゃんと読んでいるのか?」と口に出したくなるほどの速さ。

しかし、周囲から見れば、自分の仕事が遅いようにしか見られません。ハンコにならないものかなと課長会で相談したこともありますが、まるで能力不足を言い訳しているようでそれ以上続けることができませんでした。実際、自分よりも画数の多い名前でありながら書類の処理が速い課長もいるのです。それで、その課長のサインをみてみると、何やら一筆書きのようなものでスラスラと書かれているではありませんか。

真似して同じようなサインを作ってみたけれども、なんだか子供の落書きみたいになってしまいます。これでは上層部には出せません。

さあ、こんな悩みをもつあなたにお勧めなのが、当サイトのサイン制作サービスです。プロのデザイナーが漢字の輪郭を保ったまま、素早く書けるバランスのよいサインをお作りします。常時10人以上のデザイナーが所属していますから、きっとあなたの好みにあうデザイナーに出会えます。たくさんのサンプルを掲載していますから、是非、一度ご覧になってみてください。

« »