サインについて サインの書き方、作り方 ビジネス

今年の年賀状の注意点はご存知ですか?間違えると、戻ってきてしまうかもしれません。

年賀状の準備、着々と進めておられますか?

ぎりぎりになって始めると大変ですから、計画的にやりたいところですね。

ご存知の通り、今年、はがきの郵便料金が6月に52円から62円に値上げされましたが、2018年の年賀状に限っては以前の通り52円で送れることになっています。(2019年以降は未定)。

注意しなければならないのはその期間です。「12月15日~来年1月7日」の投函分のみとなっています。早すぎても遅すぎても10円の「料金不足」が生じ、届かず戻ってくるか、送り先が不足分を請求される事態となるのだそうです。「低料金の年賀はがきを大量に買い込んで、日常の用途に利用するケースが想定されるため」とのことです。

せっかく作成した年賀状が無駄になっては大変です。また、相手先に失礼があっては大変ですから、間違えないようにしたいですね。

年賀状というと大量に出す場合、印刷で作成する場合が多いと思いますが、サインだけは手書きでしたいものです。サイン一つあるだけで冷たい印象が消え、暖かい気持ちが伝わります。

また、せっかく書くのですから、オシャレでスマートなサインにしませんか。普段のあなたとは違った印象を与えて、たくさんくる年賀状の中でちょっと目立つことができます。ペラペラとハガキをめくっていく手を一瞬とめることができれば大成功ですね。

当サイトでは、プロのデザイナーがあなたのお名前からオシャレでスマートなサインをお作りします。サンプルもたくさん掲載していますから、是非一度ご覧になってみてください。

« »