サインについて 海外 生活

外国人とのコミュニケーションの最初のきっかけに、「ひらがなサイン」をお勧め致します!

創作サイン

(海外で、外国人と上手にコミュニケーションをとりたい、けれど、何から話していいかわからない・・・)といったことはよくあります。

夫についていった先の国で、隣人の外国人のパーティに呼ばれたり、日本語教師として外国の学生と接したり、留学生として現地の学生たちと交流したり、様々な場面でのコミュニケーションが予想されます。

そんなときに役立つのが、ひらがなサインです。日本以外の国ではハンコは使わずサインで何でも進めるから、サインが書けない人はいません。

あなたが、ひらがなサインを書いて見せれば、外国人は皆強い興味を持ちます。ひらがなはなんと言っても、日本にしか存在しないからです。お隣の中国や台湾にも、漢字の名前こそあれ、ひらがなはありません。

ちいさなきっかけですが、相手のほうから強い興味をもってもらえば、あとがすごく楽になりますね。

海外に行く予定があったら、是非ひらがなサインを一つ習得してからいくといいですよ。ひらがなだけだと子供っぽいと思ったら、姓は漢字、名前はひらがなという組み合わせもグッドです。

« »