サインについて 海外 生活 管理職

海外赴任が決まったら、家族と一緒にサインを準備!

サイン

海外赴任が決まったら、必ずサインの準備をしましょう。

ハンコで手続きが進むのは、世界でも日本だけです。同じ漢字を使う中国でも、全ての手続きにサインは欠かせません(ハンコも使いますが)。

日本人が海外で仕事をするときは、二階級特進が普通で、日本で平社員であっても海外ではいきなり管理職ということがほとんどです。最初から「管理の仕事はしたことがなくってね・・・」と自信なげでは、なめられるばかりで仕事にならなくなります。特に、発展途上国ではルールを軽視する傾向がありますから、管理者の最初の態度がその後の仕事の質に影響してきます。無駄に威張る必要はありませんが、堂々とした態度を忘れないようにしたいものです。

書類の電子化に関しては、海外のほうが日本より進んでいたりすることがありますが、それでも多くの場面でサインが要求されます。スマートなサインが書けないようでは、管理者としても資格を疑われかねません。

ご家族を帯同して駐在なさる方は、ご家族の分もサインを準備しておきましょう。生活の様々な場面でも、サインは必ず必要になります。

当サイトのセレクトコース、ビデオコース、スタンダードコース、ビデオ・プレミアムコースでは、サンプルを見て気に入った作風をもつデザイナーにサインの作成を依頼できますから、好みのサインが手に入りやすくなっています。是非、一度いらしてみてください。

« »