サインについて

卒業して、社会人になる子供たちに必ず伝えたいこと。

卒業、そして就職。社会に出る自分や親戚の子供には、激励の意味も込めて何かプレゼントしてあげたいですね。

万年筆、ハンカチ、傘、ネクタイ、手帳、財布、腕時計、いろいろ考えられますが、激励ということになると、微妙です。

さて、学生と社会人の間の違いは何でしょう?社会人になるにあたって、何を備えるべきなのでしょう。

それは責任感ですね。昔からしっかり者で・・・という子供は心配ないかもしれません。

でも、どうも落ち着かない感じでフラフラしていそうな子供は心配です。そういう子供には、是非「責任感」の大切さを伝えてあげたいですね。

そうは言っても、突然「責任感」ウンヌンを話し出したのではただのお説教になってしまい、お祝いどころか険悪な雰囲気になりかねません。

ここで役立つのが「手書きサイン」です。サインは契約書、パスポート、クレジットカード、社内の申請書類、様々な局面で一人の社会人として記すものです。遊び気分で書いて良いものではなく、毎回同じように書かねばならず、サインを記したものに全責任をもつという証明です。

手書きサインのプレゼントともに、責任の重要さを社会人になる前の子供たちに伝えてみませんか?最初は、好奇心や、格好良さにひかれて喜ぶだけかもしれません。サインの重要さを説明されてもピンとこないかもしれません。しかし、使っていくうちに、ある日あなたの言葉が心に浮かぶ日があるはずです。そういうことだったんだと得心した時、サインのプレゼントがもつ深い意味を知ることでしょう。

一生使ってもらえる、手書きサインを是非、社会人になる子供たちにプレゼントしてあげてください。

« »