連絡帳に使える、手書きサイン

子供が小学校に上がると、宿題、連絡帳、音読カードなど、様々な場面で、ご両親のサインが必要になってきます。

こうした時、学校の先生とご両親のもっとも多い接点は、お母さんやお父さんが紙の上に書く手書きのサインやスタンプ、印鑑だけとなります。

毎回、サインをするのが大変か、スタンプや印鑑を取り出して押すのとどちらが大変かは難しいところですが、手書きのサインと比べるとハンコやスタンプはどうしてもおざなりなイメージを与えます。子供自身が勝手に印鑑を押してしまう可能性があることを考えるとなおさらです。

PTAや保護者会、三者面談等でも、先生と顔を合わせる機会はあるかもしれませんが、それとても一年の中で限られた回数であり、また大勢のうちの一人として会うのですから、よほどのアピールでもしなければすぐに忘れられてしまうことでしょう。

それに比べて、日々の宿題、連絡帳、音読カードなどに、例え文章を書くことがなくても、丁寧な、素敵なサインをきちんとすれば、子供の教育に関する強い関心を確実に先生に伝えることができます。押しつけがましくなく、自然なやり方だと思われませんか?

人は手書きの文字から様々なメッセージを受けとります。真面目な人柄や、親しみやすさ、自身、活発さなど、プラスのイメージを与えることができれば、それは自然と先生が受け取る子供のイメージとも重なることになります。

当サイトのセレクトコースとビデオコースでは、サンプルをみて、設計者を選んでサインの作成を依頼することができますから、気に入って長く使えるサインが手に入りやすくなっています。是非、この機会に、一生使えるオリジナルサインを手に入れてください。

メッセージカード 年賀状 クリスマスカード 手書きサイン 署名
署名入りシャチハタ Myサイン透明シール 署名入りスケルトン名刺 署名入り名刺入れ