サインについて サインの書き方、作り方 ニコニコ動画

安全性を高め、日本人らしさをアピールするなら、これがベスト!

海外旅行、海外留学、海外赴任など、海外での生活では手書きのサインが欠かせません。日本はハンコ社会ですが、日本以外の国ではサインでほとんどのことが進められるからです。では、安全なサインはどんなものかと考えたとき、ローマ字サイン、漢字サイン、ひらがなサインのいずれにするかという問題が持ち上がります。

ローマ字は真似されやすいから危ないという話をよく聞きますが、それでは欧米人のサインは全て危ないということになってしまいますね。ただ、どうしても気になるという方もいらっしゃいます。真似されにくいという点では、以前は漢字のサインが人気がありました。欧米人にとって漢字のサインを書くのが難しいことから言われだしたことです。

しかし、近年はアジア人が欧米で大勢生活するようになり、漢字だから真似されやすいということはなくなってきました。そこで人気が出てきたのがひらがなサインです。

ひらがなは、日本特有のものですから、欧米人、アジア人を問わず、日本人以外には真似できず、読むことすら難しいものです。

ただ、姓と名の両方ともひらがなで書いてしまうと、子供っぽくみえてしまうというデメリットがあります。

そこでお勧めなのが、漢字とひらがなの混在サインです。

漢字の強健さとひらがなの柔らかさがほどよくミックスされて、かつ、非常にまねされにくくなると言われています。

海外へ行くご予定があるなら、ぜひ、漢字ひらがなサインをご検討になってみてください。

« »