サインについて サインの書き方、作り方 ビジネス 管理職

証明書発行する立場になったら、しっかりした手書きサイン、署名を用意しましょう。

責任のある立場、重要な役職、専門性の強いお仕事に就くと、組織を代表して証明書を発行することになる場合があります。

そうなったときに用意しておきたいのが、しっかりした、見栄えのする手書きサイン、署名です。

雑なサインだと、受っとった人を失望させるだけでなく、証明書の正当性すら疑われ、組織の名誉を傷つけることにすらなります。

逆に、スマートなサインや署名がされていれば、証明書の信頼性や価値が大きく向上します。

会社や組織、協会によっては、サインや署名があらかじめ印刷されたものを用いることもありますが、そのように大量に証明書を発行する機関であれば、どうしても臨時の発行や特殊な形式の証明書を発行する機会が出てくるものです。日本人向けの証明では印刷したものを使っても、外国人向けは手書きでなければならないということもあります。そうした時には印刷された証明書が間に合わず、手書きのサインや署名が必要とされることになります。いざという時になって、恥を書くことになります。

技術的な証明書、医療行為に関する証明書、実験で必要な検査証明書、福祉等で必要とされる登録証明書、訓練や研修で要求される証明書、様々な証明書や登録書があります。そうした重要な書類を発行する立場についたなら、或は予定があるなら、是非、バランスのとれた信用してもらえるような手書きサイン、署名を用意しましょう。

当サイトのセレクトコース、ビデオコースでは、サンプルをみて自分が必要とする作風をもつ設計家にサインの作成を依頼することができますから、実用に耐えて長く使えるサインが手に入りやすくなっています。是非、一度当サイトの各設計家のサンプルをご覧になってみてください。

« »