サインについて サインの書き方、作り方

実力にふさわしい評価をされていますか?

努力が一向に評価されない。

真面目にやっているのに、認めてもらえない。

要領のいいやつだけが得をする。

そんな不満をもったことはありませんか?

実力はあるのに、なかなか評価されない・・・。よくあることです。

こうしたことを感じたら、アピール不足を疑ってみることです。

皆が忙しい日々を送っている現代社会で、深く人の実力を推し量ってチャンスを与えることはあまりありません。普通の人は、ちょっと記憶に残っている人とか、良いイメージがある人とかに仕事をお願いするものです。

では、どうやって、相手のイメージの中に残るか?それにはアピールするしかありません。

そうは言っても、急に自己宣伝をするのは恥ずかしい、という気持ちがあると思います。

だとしたら、手書きサインがお勧めです。コンピュータ社会となった今、手書きの文書は少なくなっていますが、その分、本人のサインが求められる書類は多くなっています。

あなたがサインした書類は、上司、先輩、同僚、他部門の人、さらには取引先にまで回って、あなたのイメージを伝えます。あなたがいない場所でも、あなたが眠っているときでも、あなたに代わってあなたの存在を伝え続ける24時間の広告塔として働くのです。

残念なサインであれば、記憶に残らないばかりか、悪いイメージが伝わり、素敵なサインであれば、スマートな仕事ができる奴としてのイメージが残ります。毎日のようにサインをするのであれば、そのイメージがどんどん積み重なり、またあちこちの部門や人に伝わることになります。

ちょっと人の記憶に残るだけで、「あいつにやらせたらどうだろうな」という日が来ることもあります。ほんの少しのチャンスが将来における大きな差となります。

当サイトのセレクトコースとビデオコースでは、サンプルを見て、自分の好みに合った作風をもつ設計者にサインの作成を依頼することできます。だから、気に入って長く使えるサインが手に入りやすくなっています。

是非、この機会に、スマートなサインを手に入れて、ロングタイムな抜群のアピール力を手に入れてください。

« »