サインについて サインの書き方、作り方

子供のために素敵なサインを準備してあげませんか?

欧米の子供は、小さな頃に自分のサインを決める習慣がありますが、日本はこれまでハンコ社会だったこともあってその必要はありませんでした。

しかし、グローバル化の波に伴い、日本でもハンコの代わりにサインが用いられる流れが急速に進んでいます。

つい最近、下記のニュースもあったように、銀行でもハンコ不要の流れが始まりつつあります。

銀行窓口で印鑑も通帳も不要に! 三井住友銀が「サイン認証」年内スタート

海外旅行はもちろんのこと、海外赴任も日常茶飯事のこととなりつつあります。

突然、パスポートを作るとなったときに、「あれ、ずいぶん格好悪いサインになっちゃったな・・・」と後悔しても手遅れ。パスポートの期限が切れるまで、5年、10年とずっとそのサインを使い続けなければなりません。

クレジットカードにも同じサインを使わなければならなくなったりすると、サインを変更するきっかっけを失って、永遠に残念なサインを使い続けるという悪循環にはまりかねません。

そんな後悔をさせないためにも、お子様に素敵なサインをプレゼントしてあげませんか?

当サイトのセレクトコース、ビデオコースでは、サンプルをみて好みの作風のデザイナーにサインの設計を依頼することができます。だから、気に入って長く使えるサインが手に入れやすいのです。

自分がプレゼントしたサインを子供がずっと使ってくれるなんて、凄く素敵なことだと思いませんか?

是非、一度、当サイトでプロのデザイナーのサインを見てみてください。

« »