サインについて サインの書き方、作り方

作家、小説家を目指すなら、スマートな手書きサインを作ろう!

作家、小説家になると、書籍にサインを求められることが頻繁に出てきます。

お世話になった方々にプレゼントする場合であっても、手書きのサインを入れたほうが喜ばれることでしょう。

そんな必要が出てきたときに、慌てることのないよう早めに準備しておくのはいかがでしょうか。

出版など先のことだと思っていても、Web投稿であなたの作品を読んだ密かなファンの方々からサインを求められることもあります。そんなときに残念なサインしか書けないとファンの方々もがっかりですね。是非、スマートなサインを準備しておいて、喜ばせてあげてください。

作家、小説家を目指すのは、決して楽なことではありません。そんな道を歩むのにはモチベーションの維持が大切ですね。そのためには、受賞、入賞したときのことを明確にイメージできるようになることが大切です。自分がファンに囲まれてサインをしてあげている様子がリアルにイメージできますか?そんなイメージトレーニングにも手書きサインは役立ちます。

当サイトのセレクトコース、ビデオコースでは、サンプルを参考に設計家を選んでサインを作ってもらうことができます。だから、自分のフィーリングに合ったサインを作ってもらいやすくなっています。是非、この機会に世界でたった一つのマイサイン、ファンの喜びを何倍にもするサインをお作りください。

« »