サインについて

疲労の累積に気付いたら手書きサインをスタート!

新しい1年がスタートしました。昨年の疲れを抜いて良いスタートが切れたでしょうか。

「正月も家族サービスで忙しかったし、疲れを抜くどころではなかったよ」

そうであるなら要注意です。

年々の疲労の累積は思わぬ悲劇をもたらします。

首だけを動かして左右を見ることはできますか?

手を振り上げて応援団の団員がやるように後ろに傾けることはできますか?

事務デスクの上でじっとパソコンでキーボードを打つ姿勢を続けていると、手、腕、肩、肩甲骨とどんどん体が硬くなって、動かなくなっていきます。腕を回したときに、ギコギコしたら、もうアウトです。一刻も早く治療に取り掛かりましょう。

軽度であればストレッチや運動を毎日続けるだけで回復することもあります。面倒に思うかもしれませんが、さらに年齢を重ねればもっと面倒なことになります。

パソコンでキーボードを打つ以外に、毎日の承認サインに追われていませんか?自分の仕事を終えた後に、ひたすら承認サインをするのは辛いものです。これは非合理過ぎるとおもっても、誰も助けてくれないということがあると思います。名前の画数が多かったりすると、もう地獄以外の何物でもありません。

画数の多い名前も、専門のサイン設計家が設計すれば、画数をぐっと減らすことができます。画数が少ない人のようにささっとサインが書けたらと思ったことはありませんか。

もし、一度でも、そのように考えたことがあるなら、是非当サイトでのサイン作成をご検討ください。

肩の負担がぐっと減りますよ。

« »