サインについて

俳号、俳名に縦書きのお洒落な手書きサインを作りませんか?

俳句人口が増加している影響でしょうか。

俳号、俳名のための縦書きサイン設計のご依頼が増えています。

始めたばかりで、俳号というのは気恥ずかしく感じることもありますが、俳句への自分の想いを強めるものになればそれだけの価値はあります。

また、俳句作りに少し自信が出てきたら、本名のままでも十分だと思っていた気持ちに変化が出ることもありますね。次の段階へ上りたいという気持ちがそうさせるのかもしれません。自分自身がそう思ってなくても、指導してくだっている先生から俳号を頂くこともあると思います。

そうして、俳号を得たなら、それにふさわしい書き方をしたいものです。普通の草書でも良いですが、同じ漢字を使っていたりするとどうしても似通ったものになっています。

サインの設計家が考案したものであれば、漢字がもつ味わいを活かした、あなただけのオリジナルな書き方、作り方で俳号の漢字を作り変えてくれます。

この機会に、是非あなたの俳号を何倍にもお洒落に見せるサインを作ってみませんか?
(ご注文時に「縦書き希望」とお書きください)。

« »