サインについて

海外取引にふさわしい手書きサインを作りませんか?

海外業務を任されることになったので、サインを作りたいというご依頼が増えています。

海外の会社との契約は、自筆で署名をするのが基本です。楷書で書いても構わないのですが、ちょっと違和感がありますよね。相手側のサインと並べてみると、「う~ん、これでいいのかな?」と心配になってしまうことと思います。やはり、正式なビジネスにふさわしいスマートなサインが欲しいと思うのは当然のことだと思います。

ある日突然、格好の良いサインを書く、というのは難しいものです。海外業務に限らず、手書きサインが活躍する場面は多いですから、この機会にプロの設計によるスマートなサインを作りませんか?

手書きサインのデザインは、絵画などと同じ(それ以上に!)で個人の好き嫌いが大きく分かれます。Aさんが素晴らしいと思っても、Bさんにとってはピンとこないということがよくあります。ですから、自分とフィーリングの合う設計家に作ってもらうのが一番です。そうでないと何度作ってもらっても、なんだかな~という結果になりかねません。

当サイトのセレクトコースとビデオコースでは、サンプルをもとにあなたの好みにあった設計家を選んでサインの設計を依頼することが可能です。だから、納得のいく、あなただけのサインを手に入れやすくなっています。個性溢れる、サイン設計家の中から是非、あなたのベスト設計家を選んでみてください。

一生役に立つ、スマートで素敵なサインを是非手に入れましょう。サインを書くたびに楽しい気持ちになれますよ。

« »