サインについて

ゴールデンウィーク中にはマスターしたい手書きサイン

漢字の画数が多くてお悩みの方、毎日、書類の処理が大変だと思います。仕事そのもので疲れるのは仕方がない。しかし、書類の処理で疲れ果ててしまうなんて馬鹿馬鹿しいことこの上ありません。

サインというのは、極論を言えば、「へのへのもへじ」のようなものでも構いません。米国の財務長官となったジェイコブ・ルーが就任前まで使っていたサインは、それこそグルグル模様と言われたほど適当(失礼!)なサインでした。それで通用したのです。財務長官のサインは米ドル紙幣に印刷されるため、さすがに見栄えが変わるように変更されましたが、法的には以前のものでも全く問題がなかったのです。

そうは言っても、同じようにグルグル模様のサインをしたのでは、会社内ではなかなか受け入れてもらえませんね。なんとなくでもいいから漢字が読めるようにしろという指令が届きかねません。自分としてもせっかくなら格好良いサインが欲しいという気持ちがあるはずです。

当サイトではプロの設計家がお名前からサインを設計致します。セレクトコースやビデオコースでなら、設計家をお客様が選ぶこともできます。

是非、ゴールデンウィーク前に、素敵な手書きサインを手に入れて、来月からはささっと格好良いサインで書類をやっつけてしまいませんか?肩こりからの脱出が目の前にあります。

« »