サインについて

コミュニケーションツールとしての手書きサイン

手書きサインには、コミュニケーションツールとしての一面があります。

手書きサインは、ビジネスにおいては、インボイス、契約書、承認書類、日誌等の用途があり、パーソナルにおいては、年賀状、クリスマスカード、メッセージカードなどで使えます。パスポートやクレジットカード、トラベラーズチェックに必要になるのはもちろんのことです。

こうした直接的なもの以外の、重要な役割、それがコミュニケーションツールとしての役割です。

受け身の局面では、ただスマートなサインを使っているだけでも注目を浴びやすいということがあります。「このサインどうしたの?」と聞かれる機会が度々あることでしょう。プロがデザインしたサインをもっている人は、日本ではまだ少ないですから、目立度は間違いなく高いです。

積極的な局面としては、名前を話題にした話が発展しやすいということがあります。名前の画数が多くて悩んでいる人は意外に多いです。それでなくても、生まれる子供の名前とか、姓名判断とか、名前へのこだわりは誰でも関心がある話です。手書きサインはコミュニケーションを広げるきっかけとして非常に役立つツールだと言えます。

年末、年始は人と出会うことが多いと思います。是非、手書きサインを作って話題の一つとしてお役立てください。

« »