サインについて

責任者の方に人気です。


責任者の方のところには毎日のようにたくさんの書類が集まります。業務上の決済、出張承認書、支払い関係の書類、契約書、インボイスなどなど。

名前の画数が多いと、これらの書類の処理にサインするのも一苦労です。ハンコで済ませれば良いのですが、会社の規則で許されない場合があります。画数が少ない人はハンコよりサインのほうが楽だったりしますから、賛同してくれる人を見つけるのも大変です。

結局、手や腕の疲れを我慢しながらサインし続けるしかありません。

手や腕の疲れで済んでいるうちはまだしも、肩、首、頭の痛みへと変わってくると、耐え難いものになります。漢字を簡単に崩せればよいのですが、画数の多い漢字ほど、崩すのが難しいものです。

当サイトでは、サイン設計の専門家が、書きやすく、スマートで、画数の少ないサインを設計します。複数のサイン設計家がデザインしますから、お気に入りのサインが見つかりやすいです。

名前の画数でお悩みの方、是非、一度当サイトの手書きサインをご検討になってみてください。

« »