ニュース 未分類 格差社会 生活

結果・効率を重視する社会が生み出したもの

店に被害を与えたツイッター投稿等の行為に対して、退学、賠償、書類送検等の厳しい処分が続いている。

現在の社会状況から判断する限り、このような処分が避けられないのは確かだろう。限定的とは言え、一定の効果が見込める上、何よりも社会全体がこのような行為に対して厳罰を求めているからだ。

しかし、暴力を振るったわけではない高校生すら、書類送検しなければ問題を解決へと導けない社会にいつからなってしまったのだろう。家庭が子供を躾けることできず、学校が学生を教育できず、職場も若者を指導できない。これは、罪を犯す、子供、学生、若者だけの責任ではなく、家庭、学校、職場だけの問題でもない。社会全体がこれまで歩んできた道筋の結果を表しているのだと思う。

しでかしたことの結果の重さを知らしめるために処罰する。

彼らが知らなくて問題なのは、結果だけだろうか。結果を知らなかったから、彼らはそれをやるに至ったのだろうか。では、結果が処罰に至らないものだったらどうなるのだろう。本人とは判別されないようにやれるものだったらどうなるのだろう。そうではない。結果がどうであれ、やっていけないことはやってはいけない。結果がどうであれ、やるべきことはやるべきだ。これが、彼らが学ぶべきことなのだ。

そして、私たちの社会が近年の社会で若者に教えてきたことは何か。自分たちがやってきたことは何かというと、結果重視、効率重視のやり方、生き方である。結果が最重要視され、結果に最短距離で至る効率の良いプロセス(過程)こそが重視されてきた。極端なことを言えば、プロセスなしで、結果さえ出ればよかった。結果のないプロセスは、どれほど素晴らしいものでも否定された。

結果重視の社会となる前は、労働は尊いこととされていた。汗して実直に働くことに意味があるとされていた。もちろん、結果重視の人がいなかったわけではないが、今よりもずっと少なかったと言える。それが、ある時から、結果に結びつかない労働は意味がないとされるようになった。より効率的に、素早く結果を生み出すものこそが最善とされるようになった。結果に至る道筋が実直であることや、誠実であることや一生懸命であることは全く無視されるようになった。

結果を効率的に最短で生み出す組織・社会は、そうでない組織・社会を駆逐した。そして、結果につながらないプロセスが軽んじられる社会となった。

実はその、失われた、結果につながらないプロセスの中にこそ、人間社会が必要とする、モラル、躾け、教育、指導があったのではないか。

若者は、結果を知らないから罪を犯すでのはない。結果に勝る生き方・プロセスの大切さを知らないから、私たちが教えてこなかったから、罪を犯すのではないか。

次々と起こるツイッター投稿事件は、私たちが作ってきた社会を映し出す鏡なのだ。

参考リンク
アイスの冷凍庫入り写真=高校生3人書類送検―京都府警

非常識写真 結果の重さ教えるべきだ

« »