ニュース 未分類 格差社会 生活 脱法ハウス

格差社会 - 終わりの始まり -

8月2日、また新たな脱法ハウスが記事になった。大阪でのことだ。

<参考リンク>
<脱法ハウス>大阪にもあった 市が立ち入り調査

脱法ハウスがニュースになるとき、必ず問題とされるのが、その居室としての異常性である。

・窓がない。
・立ち上がる余地がない。
・狭い。

しかし、カプセルホテルと比べてみれば、特に異常とはいえない。長期でカプセルホテルを利用する人からすれば、「何が問題なんだ?」というぐらいのものだろう。カプセルホテルであれば、安くても1日3,000円、一ケ月利用すれば、10万円前後となる。(ほとんどのカプセルホテルは、これより高い価格だ)。脱法ハウスは、一ケ月で、35,000~60,000円程度だから、コストパフォーマンスの差は一目瞭然だ。お財布に非常に優しい宿泊施設だといえる。

脱法ハウスに関して批判的なのは、格差の貧困側にいる人々ではない。マンションの地価が下がるのを恐れたり、これまでの生活が変わるのを恐れている、比較的生活の保証がある側の人々だ。ニュースなどで、度々、「格差社会」の到来を耳にしながら、自分たちとは関係のないものと思っていた階層の人々が、突然目の前に現れた格差社会の現実に怯え、戸惑い、拒否反応を示して騒ぎ立てている。

格差社会はすでに非常に幅広い範囲で進行していて、もはや住民が騒ぎ立てたぐらいで流れを変えることはできないところまで来ているといえるだろう。

今さら、行政が、脱法ハウスについて何かできるだろうか。恐らく、何もできはしない。

むしろ、業者側の変化のほうが速いだろう。より快適で、リーズナブルな価格の巨大な脱法ハウス(シェアハウス?)が建築される日も近いのではないかと思う。

« »