ニュース

原発賛成、反対?

参院選において、自民党が圧勝したことにより、原発利用開始への路線復帰はほぼ明らかになった。しかし、一方で、反対派の根強い活動も続いており、火種が絶えないようだ。

参考リンク
「子供の命をどう思っとる!」家に押しかけ恫喝する茶髪の反原発派集団、自民圧勝でも〝不穏な空気〟充満

下記に原発のメリットとデメリットをまとめてみる。

メリット

・二酸化炭素(CO2)を排出せず、地球温暖化の防止に役立つ。
・発電コストが安い。
・原料の供給元が安定している。
・地元への経済効果が見込める。
・技術力への証明となり、原子力発電設備その他の輸出が可能になる。

デメリット
・放射性廃棄物を出す。
・事故(自然災害・テロ)が起きた場合の被害が甚大
・処理費用を含めたトータルコストは実は一番高い。

上記に原発のメリットとデメリットの代表的なものを書いた。ネットを検索すると、まだまだたくさんのメリットとデメリットがある。

私なりに考えてみた原発のメリット・デメリットのキーポイントは、現状を是とするか、否とするかである。その現状は、単なる生活水準だけでなく、恐らく世界の中での日本の位置づけにも影響を与える。

良くも悪くも、現在の日本の発展は、原子力発電所に支えられてきている。これを失ったとき、他の発電方式では、資源供給の不安定さ、発電効率の低さから、日本の経済発展は大いに抑制されるだろう。近隣の、特に現在、経済発展の著しい中国に対して、これ以上の経済的な遅れをとれば、国際関係においても致命傷を被る可能性もあると思う。それは軍事力においてもいえることだろう。

つまり、原発を失うということは、多かれ少なかれ(恐らく多くの)、経済的、政治的な利点を失うことになる。当然、生活水準も今のままではいられない。

一方で、原発稼働を続けるということは、未来への負の遺産を増加し続けることである。処理しきれない危険な廃棄物質が際限なく積みあがっていく。安全面の管理も決して万全ではありえない。それらが致命的なものになる可能性は常に存在する。言ってみれば、毎日バクチを打ちながら、砂上の楼閣を積み上げていく行為に等しい。これは原発を利用している全ての国においてそうであるが、限りある面積しかもたない日本にとっては、この楼閣の崩落は一層絶望的なものとなるだろう。

正直、現時点では、私には、原発に反対すべきなのか、賛成すべきなのか、判断がつかない。ただ、できうることならば、電気をもっと少なく使うような生活、経済の仕組みを構築して、原発がない方向へと移行していくことを望みたい。日本の未来の子供たちがこの件に票を投じることができないことを考えればなおさらである。

参考リンク
原発のメリット・利点

原発のデメリット・問題点

« »